高知「四万十川学遊館あきついお」の見どころを詳しく解説

・中国、四国
タキ
タキ

こんにちは
自称「水族館ジャーナリスト」のタキです。

今回はひとり水族館大好きの僕が
「四万十川学遊館あきついお」
の見どころを紹介します。

行く前にポイントを抑えておけば
より一層あきついおを楽しめるはず。

Sponsored link

「四万十川学遊館あきついお」の基本情報

高知県四万十市にある
「四万十川学遊館あきついお」
トンボと魚の施設です。

入場料金は大人880円と水族館としては安め。
その分規模は小さめですが楽しめるはず。

あきついおの「あきつ」はトンボ
「いお」は魚を表しています。
魚だけではなく昆虫もいる水族館。

昆虫も含めた四万十川の生物を
存分に楽しめる施設です。

デートスポットとしても楽しめるはず。
参考水族館が動物園よりもデートにオススメな7つの理由

水族館の楽しみ方がわからない人はコチラを。
参考【大人向け】ひとりでも水族館を満喫できる9つの楽しみ方

見どころ①「四万十川の魅力」

最初の見どころは「四万十川の魅力」
四万十川の生物に癒されます。

あきついおは四万十川の河口に位置しており
展示生物も四万十川にいるものがほとんど。

展示方法は昔ながらの水族館らしく
どこか懐かしく、レトロな雰囲気。

そんな雰囲気の中で、有名なアカメ
テングヨウジやヒモハゼなど
四万十川に住む魚を学ぶことができます。

見どころ②「充実の昆虫展示」

続いての見どころは「充実の昆虫展示」
昆虫関連の展示が多いです。

あきついおには「魚館」と「とんぼ館」
があります。とんぼ館のトンボ標本数は
3000点で、これは世界一の数です。

また、ずらっと並んだトンボ標本に加えて
ヤゴの生体展示もあります。それぞれの
違いを観てみるのも面白いはず。

他の水生昆虫についても
展示は比較的豊富です。
魚だけでなく昆虫も楽しめる水族館です。

見どころ③「トンボ王国」

続いての見どころは「トンボ王国」
日本一のトンボ保護区です。

トンボ王国は「あきついお」と「トンボ自然公園」
から構成されるトンボ保護区。あきついおの外では
生きたトンボと触れ合うことができます。

トンボ王国では、年中トンボが住みやすい
環境づくりが行われています。

あきついおで標本を見て
「やっぱり本物が観たい」と思ったら
外に出てトンボを探してみてください。

優雅に飛び回るトンボが
外を飛び回っているはずです。

ショップ・レストランの見どころ

あきついおに「ショップ」があります。
館内にはレストランがないので
食事は周辺施設へどうぞ。

あきついおショップ

あきついおのグッズが盛りだくさん。
トンボのグッズがほとんどです。
思わず買いたくなるお土産がたくさんです。

お土産を買う時の注意点はこちら
参考水族館でグッズを買うときに気をつけること

気になる細かい情報たち

あきついおに関する細かい情報を
こちらに載せておきます。使ってください。

所要時間はどのくらい?

ゆっくり回って1時間〜1時間半ほど
楽しめるぐらいの大きさです。

駐車場はある?

専用の駐車場があります。
無料で利用できます。

授乳室はある?

館内に授乳室はありません。

コインロッカーはある?

館内に設置されています。

ベビーカーのレンタルはしている?

レンタルは行なっていないようです。
ベビーカーでの入場は可能です。

車イスのレンタルはしている?

レンタルは行なっていないようです。
車椅子での入場は可能です。

水族館を安く楽しむために…

「水族館は値段がネック」という人が
結構いるはず。

水族館巡りが好きな僕も「高いなー」
と思うことが結構あります。

そんな方のために、水族館を安く楽しむ方法を
まとめたのでぜひコチラの記事をどうぞ。
参考【水族館好き必見】水族館を安く楽しむ6つの方法

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました