綺麗な深海魚8選:こんな深海魚見たことない?

水族館
タキ
タキ

こんにちは
自称「水族館ジャーナリスト」のタキです。

僕は深海魚に関する研究をしているほど
深海魚が好きな学生です。

深海魚に関する研究をしているほど
深海魚が好きな僕が厳選して
「綺麗な深海魚」を紹介します

深海魚に出会える水族館も紹介しているので
ぜひ水族館にも行ってみてください。

Sponsored link

綺麗な深海魚たち

実は深海魚の定義って
はっきりしていません。
(深海は深度200m以下の海のこと)

ですが、一般的に深海魚(深海生物)は
深度200m以下での生息が確認された生き物
のことを指します。

そんな深海魚たちですが
基本的なイメージはおそらくこんな感じ。

  • 気持ち悪い…」
  • 変わった見た目をしている…」
  • 「ちょっとグロテスク…」

確かに変わった見た目の深海魚が多いですが
今回はそんなイメージを覆すべく
綺麗な深海魚を紹介していきます。

ピンポンツリースポンジ

名前:ピンポンツリースポンジ
分類:海綿動物門アカマンボウ目エダネカイメン科
大きさ:約50cm
生息水深:水深 約2,600m-3,000m

海綿動物って知ってますか?
スポンジのような生き物です。

その一種である「ピンポンツリースポンジ」
こんな生き物が深海にいるんですね…。

こんな綺麗なくせに肉食です。
丸い球体の部分に寄ってきた甲殻類などを
絡め取って捕食します。

まさに「綺麗なバラには棘がある」ですね。
生で見てみたい生物です。

シンカイウリクラゲ

名前:シンカイウリクラゲ
分類:有櫛動物門ウリクラゲ目ウリクラゲ科
大きさ:最大10cm
生息水深:水深 150ー750m

七色の光が綺麗な「シンカイウリクラゲ」
実は刺胞を持っていない種類のクラゲで
有櫛動物に分類されます。

実は自分で発光しているわけではありません。
「櫛版(しつばん)」と呼ばれる部分が光を反射して
キラキラと輝いています。

シンカイウリクラゲは水族館でみられます。
今すぐ水族館に行きましょう。

シンカイウリクラゲの展示を開始しました

ニジクラゲ

引用元:Monterey Bay Aquarium

名前:ニジクラゲ
分類:刺胞動物門硬クラゲ目イチメガサクラゲ科
大きさ:約1ー2m
生息水深:水深 50ー数百m

透き通った傘が美しい「ニジクラゲ」
傘の内側を光にかざすと虹色に光ります。

触手は自ら発光させることができます。
この触手は非常に切れやすく
敵から逃げる際には自ら切り離します。

ミルズクロクラゲ

引用元:wikipedia

名前:ミルズクロクラゲ
分類:刺胞動物門
大きさ:約 3 cm
生息水深:水深 1,000〜3,800m

赤色が鮮やかな「ミルズクロクラゲ」
「深海にいるのに、こんなに綺麗になる意味ある?」
と思いたくなるようなクラゲですね。

深海に住んでいるため
最近まで存在すら知られていなかったクラゲ。

Crossota millsae – “the psychedelic medusa”

アカチョウチンクラゲ

引用元:ジャングルタイムズ

名前:アカチョウチンクラゲ
分類:刺胞動物門花クラゲ目エボシクラゲ科
大きさ:約18cm
生息水深:水深 450ー1,000m

こちらも赤色が鮮やか「アカチョウチンクラゲ」
その名の通り提灯のような形をしてます。

かつては希少種だとされていましたが
三陸沖に多数の生息が確認されました。

このクラゲは「ヨコエビ」や「ウミグモ」など
多数の生物の宿にもなっています。

深海でも様々な生物が
お互いに助け合って生きています。

ユウレイイカ

引用元:TREE OF LIFE

名前:ユウレイイカ
分類:軟体動物門ツツイカ目ユウレイイカ科
大きさ:約25cm
生息水深:水深 200ー600m

ユウレイのように漂う「ユウレイイカ」
成体は白く透き通った体ですが
幼体は透明でとても綺麗。

多くの発光器を兼ね備えていて
攻撃と防御の両方に利用しています。

  • 太陽光でできる自分の影を消す役割
  • 獲物をおびき寄せる役割
ユウレイイカ(沼津港深海水族館)

クラゲダコ

名前:クラゲダコ
分類:軟体動物門タコ目クラゲダコ科
大きさ:約20cm
生息水深:水深 500ー1,000m

寒天質の体を持った「クラゲダコ」
クラゲなのか、タコなのか…
こちらは透明なタコです。

他の深海タコのように積極的に活動はせず
クラゲのように漂って生活しています。

敵が近寄ってきた際には体をオレンジ色に変えて
暗闇に紛れることができます。
綺麗ですが変わったタコですね。

Behavior of Amphitretus pelagicus.

ゴマフホウズキイカ

Piglet Squid Siphon Looks Like a Snout | Nautilus Live

名前:ゴマフホウズキイカ
分類:軟体動物門ツツイカ目サメハダホウズキイカ科
大きさ:約15cm
生息水深:水深 400ー1,000m

深海魚検定公式テキストの表紙に描かれている
「ゴマフホウズキイカ」
この表紙は反則ですね。買ってしまいます。

膨らんだ際の見た目が豚のように見えることから
「子豚イカ」と呼ばれることも。
なんと可愛いイカだこと。

綺麗な深海魚に出会える水族館は?

深海魚大国かつ水族館大国である日本には
綺麗な深海魚に出会える水族館もあります。

ぜひ実際に訪れて、実際に動き回る姿を観て
楽しんでみてください。
そして水族館の魅力を感じてください。

この中でも特に深海魚で有名なのは
静岡県の「沼津港深海水族館」
愛知県の「竹島水族館」

迷ったらこちらに行ってみてください。
特に沼津港では深海魚を食べることも…。

詳しくはこちらの記事をどうぞ。
参考生きた深海魚に会える?オススメ水族館7選

深海魚はまだまだ不思議がいっぱい

今回は「綺麗な深海魚」というテーマで
深海魚を紹介してきました。
ですが、まだまだ様々な深海魚がいます。

他のテーマについてもまとめているので
こちらからどうぞ。

もっと深海魚について知りたい方は
本を読むのもオススメ。
参考深海魚好きにオススメする本8選

ぜひ、深海魚をもっと楽しんでみてください。
では、また。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました