かわいい深海魚15選:気持ち悪い深海魚ばかりじゃない?

水族館
タキ
タキ

こんにちは
自称「水族館ジャーナリスト」のタキです。

深海魚に関する研究をしているほど
深海魚が好きな僕が厳選して
「かわいい深海魚」を紹介します

深海魚に出会える水族館も紹介しているので
ぜひ水族館にも行ってみてください。

Sponsored link

かわいい深海魚っているの?

実は深海魚の定義って
はっきりしていません。
(深海は深度200m以下の海のこと)

ですが、一般的に深海魚(深海生物)は
深度200m以下での生息が確認された生き物
のことを指します。

そんな深海魚たちですが
基本的なイメージはおそらくこんな感じ。

  • 気持ち悪い…」
  • 変わった見た目をしている…」
  • 「ちょっとグロテスク…」

圧力が高く、光の少ない場所に棲んでいるので
仕方ないことなんですが
実は意外とかわいい深海魚もいます。

ということで独断と偏見で
(皆さんがどう思うかは分かりませんが)
かわいい深海魚たちを紹介していきます

出来るだけ動画も貼ったので
ぜひ動いている姿も見てあげてください。

メンダコ

名前:メンダコ
分類:軟体動物門タコ目メンダコ科
大きさ:最大 26cm
生息水深:水深200〜1060m

今やとても有名になった「メンダコ
最近はストラップやマスコットにも
使われるようになってきました。

たまーに水族館でも飼育されます。
僕も見に行きましたが
ホントにかわいい見た目をしていました。

形がUFOみたいで泳ぎ方もかわいい。
味は美味しくないらしい…。

メンダコ – Flapjack octopus

ジュウモンジダコ

引用元:JAMSTEC HP

名前:ジュウモンジダコ
分類:軟体動物門タコ目メンダコ科
大きさ:約8-10cm
生息水深:水深500〜1380m

メンダコの仲間、「ジュウモンジダコ
こちらも愛くるしい顔をしてます。

大きなヒレが特徴的なので
英語で「ダンボオクトパス」と呼ばれています。

他にもジュウモンジダコの仲間がいて
発光器を持つもの
水深5,000m付近で見つかったものがいます。

Rare Dumbo Octopus Shows Off for Deep-sea Submersible | National Geographic

ハダカカメガイ(クリオネ)

名前:ハダカカメガイ
分類:軟体動物門裸殻翼足目ハダカカメガイ科
大きさ:約1-3cm
生息水深:水深0〜600m

クリオネでお馴染み「ハダカカメガイ」です。
本当の和名はこちらなんですが
「クリオネ」の方が有名になってます。

実は巻貝の仲間であるハダカカメガイ
「海の妖精」と呼ばれていますが
餌を取るときは恐ろしいです。

頭をぱかっと開き
バッカルコーンと呼ばれる捕食器官で
餌を捉えて、ゴクリ。

実は肉食なんですね…。
比較的多くの水族館で観ることもできます。

タルガタハダカカメガイ

名前:タルガタハダカカメガイ
分類:軟体動物門裸殻翼足目ハダカカメガイ科
大きさ:約10cm

こちらはクリオネの仲間
タルガタハダカカメガイ
見た目は太ったクリオネですね。笑

でもなんだか可愛くないですか?
水族館で見ることはできませんが
こういった生物もいるんです。

是非覚えておいてください。
*動画は写真とは別の種です。

ダルマハダカカメガイを当館初展示

ユメソコグツの稚魚

引用元:屋久島ダイビングライフ

名前:ユメソコグツの稚魚
分類:脊索動物門アンコウ目アカグツ科
大きさ:1cm以下

魚の多くは幼生の頃と
大きくなってからの姿形が違っています。

ウナギの稚魚は結構有名かもしれません。

この魚「ユメソコグツ」もその一つ。
かわいいですね…。

何かのRPGゲームとかに出てきそうです。
ダイビングで見ることができるかも

ギガントキプリス

名前:ギガントキプリス属の仲間
分類:節足動物門ウミホタル科ギガントキプリス属
大きさ:約1-2cm
生息水深:水深 数百〜数千m

こちらはウミホタルの仲間「ギガントトキプリス
この大きな眼が特徴で
とても高性能なレンズの役割を果たします。

どれぐらい高性能かと言うと、2007年に
「もっとも光を集める能力のある眼を持つ生物」
としてギネスブックに掲載されるぐらい。

生態はほとんどわかっていないので
新しい情報に期待です…。

Round animal with car headlamps for eyes – Giant Ostracod

サメハダホウズキイカ

引用元:Aquatic Photo life

名前:サメハダホウズキイカ
分類:軟体動物門ツツイカ目サメハダホウズキイカ科
大きさ:約13cm
生息水深:水深 数百m

このホウズキのように膨らんだ体を持つイカは
サメハダホウズキイカ
目の周りに発光器を持っています。

全身がガラスのように透き通っているので
英語では「Glass squid」と呼ばれています。
このずんぐりむっくりの体がかわいいですね。

サメハダホウズキイカ  Glass squid

ハワイヒカリダンゴイカ

引用元:TREE OF LIFE

名前:ハワイヒカリダンゴイカ
分類:軟体動物門コウイカ目ダンゴイカ科
大きさ:約2.5cm
生息水深:水深 400〜1,000m

こちらもずんぐりむっくりのイカ
ハワイヒカリダンゴイカ

イカスミで有名なイカですが
実は深海性のイカは基本的に墨袋を持ちません。
理由は、必要ないからです。

ですがこのイカは「光る墨」を吐けます。
これを囮にして敵から逃げることができるんです。
かわいいだけじゃない、凄いイカ。

ミドリフサアンコウ

名前:ミドリフサアンコウ
分類:脊索動物門アンコウ目フサアンコウ科
大きさ:約30cm
生息水深:水深 90〜500m

派手な色のこの魚は「ミドリフサアンコウ
鍋で食べられるアンコウ(キアンコウ)と
比較的近い種です。

Youtuberのきまぐれクックさんが
食べてましたが「めっちゃ美味い」らしい。

この赤い色は、地上にいると目立ちますが
光の関係で深海では目立たなくなります。
それぞれの生存戦略も面白いですね。

ミドリフサアンコウ、しぼむ。

オオグチボヤ

名前:オオグチボヤ
分類:節足動物門マメボヤ目オオグチボヤ科
大きさ:約15-25cm
生息水深:水深 300〜1,000m

口をあんぐり開けたような「オオグチボヤ
口のような部分は入水孔と呼ばれ
ここでプランクトンを濾し取っています。

海水が流れてくる方向を向き
ひたすら待っています。
なんとも愛らしいですね。

水族館でもたまに見られます。
僕はアクアマリンふくしまで観ました。

BBC Planet Earth/Blue Planet – Deep ocean creatures

キホウボウ

名前:キホウボウ
分類:節足動物門カサゴ目キホウボウ科
大きさ:約10cm
生息水深:水深 110〜500m

変わった見た目の「キホウボウ
ホウボウと言う魚は知っている人も
いるかもしれません。美味しい魚です。

一方でキホウボウは身も少なく
あまり食用とされません。

水族館でも観られるキホウボウ。
こいつのかわいいところは、海底を歩く姿。
是非ご覧ください。

海底を歩く魚 キホウボウ – Peristediidae 葛西臨海水族園

サギフエ

名前:サギフエ
分類:節足動物門トゲウオ目ヨウジウオ科
大きさ:約15-20cm
生息水深:水深 25〜600m

この口の長い魚は「サギフエ
水族館でも結構見ることができます。

頭を下にして泳ぐ習性があり
水面の表層近くを泳いでることが多いです。
その姿もとてもかわいい。

食べてみると
味は結構いけるらしい?

サギフエ / 男鹿水族館GAO

センジュナマコ

名前:センジュナマコ
分類:棘皮動物門板足目クマナマコ科
大きさ:約7-8cm
生息水深:水深 545〜6,720m

この透明の生き物は「センジュナマコ
細長くて寒天状の体を持っており
かわいくない、と思う人もいるかも…。

6,000mを超える高圧の地域からも
発見されている、なんとも不思議なナマコ。

僕はかわいいと思ってます。
動画を見て確かめてください。

Sea Pig Slow Dance

ザラビクニン

名前:ザラビクニン
分類:脊索動物門カサゴ目クサウオ科
大きさ:約30cm
生息水深:水深 200〜800m

柔らかい体を持つこの魚は「ザラビクニン

クサウオ科の仲間は
コンニャクのような体を持つものが多く
水からあげると崩れてしまいます。

胸ビレには味蕾(みらい)があり
これを海底につけて、獲物を探しています。

また、瞳孔の大きさを変えることで
目に入る光の量を調節することもできます。

いろんな特徴を持った可愛らしい魚です。
*動画にはコンニャクウオ3種が写っています。

深海魚が三役そろい踏み! アバチャン・ザラビクニン・タマコンニャクウオ アクアマリンふくしま に行って来ました~!

ドウケツエビ

名前:ドウケツエビ
分類:節足動物門十脚目ドウケツエビ科
大きさ:約1.5cm
生息水深:水深 150〜1,000m

タワーにひっついているエビが「ドウケツエビ
タワーの名前は「カイロウドウケツ」

ドウケツエビのかわいいところは
見た目ではありません。

カイロウドウケツは「偕老同穴」と書き
夫婦が仲睦まじく過ごし、最後には同じ穴(墓)に入る
と言う意味。

その名の通りこのエビは
小さい頃に雌雄でカイロウドウケツに入り
その中で生活をします。

ずっと夫婦で暮らすわけです。

なんとも幸せでかわいいエビです。

かわいい深海魚に出会える水族館は?

深海魚大国かつ水族館大国である日本には
かわいい深海魚に出会える水族館もあります。

ぜひ実際に訪れて、実際に動き回る姿を観て
楽しんでみてください。
そして水族館の魅力を感じてください。

この中でも特に深海魚で有名なのは
静岡県の「沼津港深海水族館」
愛知県の「竹島水族館」

迷ったらこちらに行ってみてください。
特に沼津港では深海魚を食べることも…。

詳しくはこちらの記事をどうぞ。
参考生きた深海魚に会える?オススメ水族館7選

深海魚はまだまだ不思議がいっぱい

今回は「かわいい深海魚」というテーマで
15種類の深海魚を紹介してきました。
ですが、まだまだ様々な深海魚がいます。

他のテーマについてもまとめているので
こちらからどうぞ。

もっと深海魚について知りたい方は
本を読むのもオススメ。
参考深海魚好きにオススメする本8選

ぜひ、深海魚をもっと楽しんでみてください。
では、また。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました