有名な深海魚11選:よく紹介される深海魚たち

水族館
タキ
タキ

こんにちは
自称「水族館ジャーナリスト」のタキです。

深海魚に関する研究をしているほど
深海魚が好きな僕が厳選して
「有名な深海魚」を紹介します

深海魚に出会える水族館も紹介しているので
ぜひ水族館にも行ってみてください。

Sponsored link

よく紹介される深海魚たち

実は深海魚の定義って
はっきりしていません。
(深海は深度200m以下の海のこと)

ですが、一般的に深海魚(深海生物)は
深度200m以下での生息が確認された生き物
のことを指します。

そんな深海魚たちですが
基本的なイメージはおそらくこんな感じ。

  • 気持ち悪い…」
  • 変わった見た目をしている…」
  • 「ちょっとグロテスク…」

確かに変わった見た目の深海魚が多いですね。
今回は原点に振り返って
有名な深海魚を紹介していきます。

リュウグウノツカイ

名前:リュウグウノツカイ
分類:脊索動物門アカマンボウ目リュウグウノツカイ科
大きさ:約5-8m
生息水深:水深 約200m-1000m

よくニュースにもなる「リュウグウノツカイ」
地震が起こるとか言われてますが
そこに関連生は無いです。

写真に貼ったものは幼生なので
かわいい見た目をしてますね。
一度出会ってみたいものです…。

体の下側に長く伸びている腹ビレは
獲物を見つけるための感覚器官になっています。
飾りでは無いです。

展示期間は短くなりがちですが
稀に水族館で展示されることも…。

ラブカ

名前:ラブカ
分類:脊索動物門カグラザメ目ラブカ科
大きさ:最大2m
生息水深:水深 数百-1,500m

こちらも人気の深海魚。
鉄腕DASHでも取り上げられてました。
この魚はいくつかの点で一般的なサメと異なります。

  • エラが6対ある(普通は5対)
  • 顎がほとんど動かない
  • 剣山のような歯

理由についてはいまだに研究中です。
こちらもたまに水族館で展示されます。
動画は水族館で泳いでいる「ラブカ」

水中ラブカ(沼津港深海水族館)

シーラカンス

名前:シーラカンス
分類:脊索動物門シーラカンス目シーラカンス科
大きさ:約1ー2m
生息水深:水深 50ー数百m

皆さん大好き「シーラカンス」
ロマンたっぷりの魚ですね。

6,500万年前に絶滅したとされていたこの魚が
いまだに存在しているというのが驚き。

普段は深海で暮らしていますが
獲物を探すために水深50mほどの浅い場所に
上がってくるのが分かっています。

また「シーラカンス」の特徴的な肉質のヒレは
陸上動物の手足の原型だとされています。
動画では泳いでいる姿が観られます。

【ナショジオ】「古代魚シーラカンスの再来」より

ダイオウグソクムシ

名前:ダイオウグソクムシ
分類:節足動物門等脚目スナホリムシ科
大きさ:約40m
生息水深:水深 約200〜2000m

どでかいダンゴムシのような「ダイオウグソクムシ」
その通り、ダンゴムシやフナムシの仲間です。

この生き物が有名になった理由は
鳥羽水族館での絶食だと思います。
5年以上何も食べずに生き続けたことが
衝撃を与えました。

いまだにどんな仕組みで長期間の絶食が
可能になったのか分かっていません。

「ダイオウグソクムシ」は
水族館でよく展示されています。
じっとしていることが多いですが…。

ちなみに小さい種類に「オオグソクムシ」
がいますが、そちらは結構美味しいらしいです。
僕も一度食べてみたいです。

【閲覧注意】オオグソクムシの正しいさばき方。

ダイオウイカ

名前:ダイオウイカ
分類:軟体動物門ツツイカ目ダイオウイカ科
大きさ:全長最大18m
生息水深:水深 数百〜1,000m

こちらも超有名「ダイオウイカ」
NHKで取り上げられたことをきっかけに
めちゃくちゃ有名になりました。

多くの人の心を掴んだと思います。
その時の奮闘については
こちらの本に書かれています。

「ダイオウイカ」の最大の天敵は「マッコウクジラ」
「マッコウクジラ」の胃からは
立派な「ダイオウイカ」が見つかっています。

一度でいいから
戦っている姿を見てみたいですね…。

メガマウスザメ

名前:メガマウスザメ
分類:脊索動物門ネズミザメ目メガマウスザメ科
大きさ:約5ー6m
生息水深:水深 約200m

こちらも最近になってニュースなどに
取り上げられるようになってきました。
名前の通りどデカイ口を持ったサメ。

こんなどデカイくせにプランクトンを食べるサメです。
「ジンベエザメ」と同じですね。

参考プランクトンを食べるサメはジンベエザメだけじゃない?

普段は深い海にいますが
夜になると浅い海に上がってきます。

顎の内側が銀色になっており
それを使ってプランクトンを
集めているとも言われています。

世界で発見された回数のうち
約30%が日本で見つかっている
日本と馴染みの深い深海ザメです。

三重県で生きた「メガマウス」捕獲

ミツクリザメ

名前:ミツクリザメ
分類:脊索動物門ネズミザメ目ミツクリザメ科
大きさ:約1ー3m
生息水深:水深 約400ー1300m

ゴブリンシャークとして知られる「ミツクリザメ」
顔が怖すぎます。

前に大きく出た口の部分は、普段は収納していますが
獲物を捕まえる時に飛び出します。

「ミツクリザメ」も「ラブカ」と同じように
「生きた化石」と呼ばれます。

鼻の部分が大きく飛び出していますが
ここにはロレンチーニ器官が搭載されています。

微弱な電流を感知し
獲物の場所を特定することができます。
こんなサメに見つかったら怖すぎますね…。

生きた化石「ミツクリザメ」、横浜・八景島シーパラダイスで深海魚公開/神奈川新聞(カナロコ)

ヌタウナギ

名前:ヌタウナギ
分類:軟体動物門ヌタウナギ目ヌタウナギ科
大きさ:約60ー80cm
生息水深:水深 数百ー1,000m


いやー気持ち悪いですね。「ヌタウナギ」
ですが意外と美味しいらしい?
韓国では名物料理になっています。

この生物は腐肉性で「スカベンジャー」と呼ばれます。
クジラの死骸などに集まってくる様子はなんとも恐ろしい。

「ヌタウナギ」は敵に襲われた時に放出する
ヌタが注目されています。
もしかしたら保湿のために美容に使われるかも?

「ヌタウナギ」もよく水族館で見られます。
ほとんど動かないことが多いですが…。

海底に生息する 『ローションうなぎ』の皮むきが爽快すぎるwww

デメニギス

名前:デメニギス
分類:脊索動物門キンメダイ目キンメダイ科
大きさ:約15m
生息水深:水深 約400ー800m

ドーム状の膜が特徴的な「デメニギス
何がどうなってるの?と言いたくなるような見た目。

こんな魚がいるんですね。
ドームの中の緑色の部分が目になっています。

光の少ない深海で、この大きな目を利用して
狩りをしているわけです。

Macropinna microstoma: A deep-sea fish with a transparent head and tubular eyes

メンダコ

名前: メンダコ
分類:軟体動物門タコ目メンダコ科
大きさ:最大26cm
生息水深:水深 約200ー1060m

可愛い深海生物の代名詞「メンダコ」
その愛くるしい姿から超有名な深海生物になりました。

深海の水圧に耐えるため
非常に柔らかい体となっています。

水からあげると自分の体も支えられないほど。
そこも可愛いですね。

日本の水族館でも時々飼育されます…。
ほとんどじっとしていて泳ぎませんが。笑

メンダコ – Flapjack octopus

オウムガイ

名前:オウムガイ
分類:軟体動物門オウムガイ目オウムガイ科
大きさ:約20ー25cm
生息水深:水深 約0ー400m

まさに生きた化石の「オウムガイ」
見た目からも「いにしえ」って感じがします。

貝殻の中の一部にガスと液体が満たされており
ガスによって浮力を得ているとされていますが
沈む時の調節方法はよく分かっていません。

イカやタコと同じような泳ぎかたをしますが
それもそのはず、同じ頭足類に分類されます。

イカは貝殻の名残を「甲」として体に残しましたが
タコは失ってしまいました。

「オウムガイ」は多くの水族館で飼育されており
交配も実現しています…。
動画ではオウムガイがストレッチ。

オウムガイのストレッチ(沼津港深海水族館)

有名な深海魚に出会える水族館は?

深海魚大国かつ水族館大国である日本には
有名な深海魚に出会える水族館もあります。

ぜひ実際に訪れて、実際に動き回る姿を観て
楽しんでみてください。
そして水族館の魅力を感じてください。

この中でも特に深海魚で有名なのは
静岡県の「沼津港深海水族館」
愛知県の「竹島水族館」

迷ったらこちらに行ってみてください。
特に沼津港では深海魚を食べることも…。

詳しくはこちらの記事をどうぞ。
参考生きた深海魚に会える?オススメ水族館7選

深海魚はまだまだ不思議がいっぱい

今回は「有名な深海魚」というテーマで
深海魚を紹介してきました。
ですが、まだまだ様々な深海魚がいます。

他のテーマについてもまとめているので
こちらからどうぞ。

もっと深海魚について知りたい方は
本を読むのもオススメ。
参考深海魚好きにオススメする本8選

ぜひ、深海魚をもっと楽しんでみてください。
では、また。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました