愛知「名古屋市 東山動植物園」の見どころを詳しく解説

・東海
タキ
タキ

こんにちは
自称「水族館ジャーナリスト」のタキです。

今回はひとり水族館大好きの僕が
「東山動植物園の見どころ」を紹介します。

行く前にポイントを抑えておけば、より一層
東山動植物園を楽しめるはず。

Sponsored link

「東山動植物園」の基本情報

愛知県名古屋市にある「東山動植物園」
ここには世界のメダカ館があります。

入場料金は大人500円と動物園らしい値段。
規模も大きく、1日遊べる施設です。

東山動植物園はもちろん水族館ではありません。
しかしここには、メダカだけの水族館があります。
さらに爬虫類や両生類が充実した自然動物館も。

この「メダカ館」と「自然動物館」のためだけに
入場料を払ってもいいぐらい。

動物園ですが、デートスポットとしても。
参考水族館が動物園よりもデートにオススメな7つの理由

水族館の楽しみ方がわからない人はコチラを。
参考【大人向け】ひとりでも水族館を満喫できる9つの楽しみ方

見どころ①「世界のメダカ達」

最初の見どころは「世界のメダカ達」
立派な大きさのメダカ水族館に住んでいます。

様々なメダカ達が住んでいる「世界のメダカ館」
ここにはメダカとメダカに関わる種の魚が
約200種類展示されています。

メダカの数は世界一で
「こんなメダカいるの?」
と思ってしまうような展示が盛りだくさん。

地味なイメージの強いメダカですが
鮮やかで美しい種類もいます。
その多様性を楽しんでください。

見どころ②「充実の爬虫類・両生類」

続いての見どころは「充実の爬虫類・両生類」
水族館以上の充実度を体感できます。

世界のメダカ館の隣には「自然動物館」があり
ここには爬虫類や両生類が住んでいます。

水族館にも両生類や爬虫類は
展示されていることが多いですが
その充実度は水族館以上、さすが動物園。

巨大なワニやトカゲは大迫力で
多種多様なカエルも楽しめます。

水族館と比較しながら
観察してみるのも楽しいはずです。

見どころ③「動植物園の魅力」

続いての見どころは「動植物園の魅力」
これも見逃せないポイントです。

東山動植物園は「動植物園」です。
こちらの魅力を楽しむことも
忘れてはいけません。

「動物園」は大きな敷地を活かした
広い展示を楽しむことができます。

「植物園」は約7,000種の植物が展示され
国指定重要文化財の温室もあります。

様々な要素が入った東山動植物園
その良さを存分に感じてみてください。

ショップ・レストランの見どころ

東山動植物園には「レストラン」が3つ
「カフェ」が3つ、「ショップ」が5つあります。

それぞれオススメを紹介します。

  • ショップ「ズー・デ・ガッテン」
  • カフェ「メゾン・ド・ヴェール」
  • レストラン「ZOOASIS」

ショップ「ズー・デ・ガッテン」

東山動植物園のグッズが盛りだくさん。
可愛いグッズが揃っています。

  • キリンのふん
  • シャバーにチョコ入りマシュマロ
  • シルバーパックコーヒー など

思わず買いたくなるお土産がたくさんです。

お土産を買う時の注意点はこちら
参考水族館でグッズを買うときに気をつけること

カフェ「メゾン・ド・ヴェール」

ボートが浮かぶ上池の、ほとりにあるカフェ。
おしゃれなメニューが揃います。

  • アボガド&チーズのハンバーグボウル
  • クレープアラモード
  • モーニングセット エッグベネディクト など

疲れたらここでおやつにしましょう。

レストラン「ZOOASIS」

動物園でとは思えない美味しそうなメニュー。
計7つのお店から食べたいものを選べます。

  • 東山茶寮
  • PIZZA & GELA TO MILANO STYLE
  • TAXiM(タクシム) など

名古屋めしも食べられます。

気になる細かい情報たち

東山動植物園に関する細かい情報を
こちらに載せておきます。使ってください。

所要時間はどのくらい?

ゆっくり回って半日〜1日ほど
楽しめるぐらいの大きさです。

駐車場はある?

動植物園専用の駐車場があります。
普通自動車は800円です。

電車の場合、最寄駅は「東山公園駅」です。

授乳室はある?

授乳室は館内に複数用意されています。

コインロッカーはある?

園内にコインロッカーが設置されています。

ベビーカーのレンタルはしている?

ベビーカーは300円でレンタルを行なっています。

車イスのレンタルはしている?

車椅子は無料でレンタルを行なっています。

水族館を安く楽しむために…

「水族館は値段がネック」という人が
結構いるはず。

水族館巡りが好きな僕も「高いなー」
と思うことが結構あります。

そんな方のために、水族館を安く楽しむ方法を
まとめたのでぜひコチラの記事をどうぞ。
参考【水族館好き必見】水族館を安く楽しむ6つの方法

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました