【就活体験談・裏話】海運会社の海上職(船乗り)はめっちゃ給料高い

体験談・裏話
タキ
タキ

こんにちは、大学院生のタキです。

今回は「海運会社の海上職の話」
をしたいと思います。

みなさん海上職って知ってますか?
海運会社の仕事の一つなんですが
これの給料がすごいんです。

金欲しい!って人は
目指してもいいかもしれません。

それだけ大変なことも多いですが…

ということで海上職について
解説したいと思います。


Sponsored link

海運会社の海上職はめっちゃ給料高い

BtoB企業なので
世間ではあまり知られていない海運会社。

グローバルに働くという面で
海運会社を目指す人は結構多いようです。
参考:「グローバルに働きたい」人が知っておくべきこと

有名なのは日本郵船、商船三井、川崎汽船。
世界情勢の影響は大きく受けますが
基本的には給料の高いこの海運会社。

その中でも海上職は
めちゃくちゃ給料が高いそうです。
しかも自動的にお金が貯まるとか。

30歳前後で1,000万円ほどはいく
という話を聞きました。

海上職って何?

まず海運会社の仕事から説明します。

海運会社には「事務職」と「海上職」があります。

「事務職」は船の準備や交渉を行う職種です。
車や石油などの貨物の運行を効率よく行うために
仕事をしています。

他にもいろいろありますが基本はこんな感じ。
基本的に船に乗ることはなく
地上職と呼ばれることもあります。

一方で「海上職」は、実際に船に乗る仕事です。
事務職が借りてきた船や契約した船に乗り込み
無事に荷物を届けるために奮闘します。

船はその辺の小さいものではなく
直径が200とか300mにもなる巨大なものです。

さらに海上職には「航海士」と「機関士」があります。

航海士:船の操縦や見張りを行う
機関士:エンジンのメンテナンスや効率化を行う

 半年ほど船に乗る→3ヶ月丸々休み
→半年ほど船に乗る→3ヶ月丸々休み→…

こんな感じのスケジュールを繰り返します。
(船に乗る期間は目的地によって変化)

船に乗っている間は毎日仕事ですが
目的地に到着すると2,3日ほど停泊し
この期間は外に遊びに行ける時間もあるようです。

海上職にいきなり就ける?

海上職には誰でも応募できます。
特に必要な資格はありません。

しかし、僕のように船の知識がない
一般的大学生は約1年半の研修を受けます。

専門の学校に通って
・座学を半年ほど
・練習船に乗って実技を半年ほど
・社船に乗って実務半年ほど

これによって1年の航海履歴がついて
船乗りになることができます。

もちろん試験もあるので
それを突破する必要がありますが…。

専門の学校に通う費用は学校が出してくれますし
給料もちゃんと出るので安心してください!


海上職はめちゃくちゃ貯金できる

海上職はめちゃくちゃ貯金できます。

その理由は、船に乗っている間
食事代や宿泊費は必要ないからです。
お金を使うタイミングが無いんですね。

船では専用のコックさんが料理を作ってくれます。
ちゃんと日本食を作ってくれるそうです。
それなのにお金を払う必要はありません。

宿泊費もタダです。

また基本給は乗船中、2倍になるそうです。
いっぱいお金をもらうけど、使わない。

そりゃお金貯まりますよね。
ストレス発散として長期休み中に使いまくる
という人もいるみたいですが。

また、乗船前にお菓子やビールなどの嗜好品を
注文できるらしいんですが
船の上では関税はかかりません。

そのため、かなり安い料金で酒が飲めるらしいです。

これだけ聞くと最高ですね


給料は高いし貯金もできるけど…

海上職は給料も高いし貯金もできます。
でも、いいことばかりではありません…。

まず、船に乗っている間は毎日仕事です。
機関士は普通のサラリーマンのように
朝から夕方まで働きます。残業するときもあります。

航海士は交代勤務ですが4時間働いて8時間休憩
というのをずっと繰り返します。

急な仕事が入ることもあります。

半年もの間、家族にも会えません。
3ヶ月ほど休暇したら、また会えない時期が続きます。

毎回、乗船の連絡が来ると落ち込む
と言っている社員さんもいました。笑

ただ、船内には最新の映画があったり
バスケットコートがあったり、釣りができたり
暇をつぶすものは用意されています。

そういうものを駆使しながら
半年間を乗り切るわけです。

給料は高いし、お金もどんどん貯まりますが
それだけ大変なこともたくさんある、ということです。

(嵐の時とかやっぱり船酔いするそうです。)


まとめ:海上職を目指してみては?

海上職は正直大変です。
6ヶ月間会社に籠っているようなものですから
心を病む人もいるそうです。

貯金しまくりたい、根性がある、体力もある
という人は海上職を目指してみるのもアリかも。

もっと詳しく知りたい人はOB訪問がオススメ。
ビズリーチキャンパスがオススメです。
参考【ビズリーチキャンパスの評判は?】実際にOB・OG訪問した僕の感想

また、しっかり自己分析はしてくださいね。
特殊な仕事なので合わなかったら大変です。笑
参考就活で一番大切なのは自己分析だった

このように世の中には様々な職種があるので
色々と探して自分の将来を考えてみてください!

では、また。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました