文系就職した理系院生が使った就活サービス【26個】

就活ツール
タキ
タキ

こんにちは
元東北大学院生のタキです。

僕は理系院生だったんですが
結果的に内定を7つもらうことができ
文系就職をしました。

かなり多くの就活サービスを利用したので
僕が使った全てのサービスの感想を
簡単にまとめました。就活の参考にどうぞ。

それぞれのサービスの良い点・悪い点
僕が感じたことをありのまま残します。
オススメのものには★をつけました。

Sponsored link

文系就職した理系院生が使った26の就活サービス

周りに文系就職する人がいなかったので
とにかく多種多様な就活サービスを利用してみて
使いやすいものを重点的に使いました。

ぜひ参考にしてもらえればと思います。
文系就職を考えている理系にはもちろん
そうでない人にも役立つと思います。

無駄なサービスに登録しないようにして
時間を有効活用してください。

総合就活サービス「リクナビ」

就活と言えばこれ、というサービス。
登録してない学生いないかも、ってぐらい。

リクナビを通して説明会の申し込みや
インターンの応募ができます。
個人的に良かった点はこんなところ

  • 一気に申し込みができる
  • インターンシップがある会社を探すのに便利

ですが業界が決まっていたり、
企業が決まっているなら直接検索で十分です。

後半はあまり使いませんでしたが
たまにリクナビ経由でしか
申し込みできない企業
があります。

また、OpenESという共通のESを
リクナビ経由で使うことが割とあります。
入っておいて損はないと思います。

総合就活サービス「マイナビ」

リクナビと並んで有名なサービス
基本的にリクナビと機能は同じです。
おそらくどちらか一つに落ち着きます。

僕は検索のしやすさ、という点で
リクナビを使ってました。

たまにマイナビにしかない企業もありますが
直接検索で済むと思います。
リクナビかマイナビかは正直好みです。

★総合就活サービス「ONE CAREER」

僕があらゆる就活サービスの中で
一番使ったのがこれです。
通過ESや面接の体験記が一番充実してました。

大学入試もそうですが、
やはり志望の会社に適した対策があります。

面接前には毎回ここを見て
どういう質問が来るか予習してました。

僕は質問に対してしっかりとした
草案を用意しない人間でしたが
そういう人でも予習はした方がいいです。

たまに突拍子も無い質問が来るので…。
(好きな女性のタイプとか。笑)

対策に関して90%はここで十分でした。
たまに体験記が無い会社もあったので
そういう時は就活会議を見てました。

まぁ選考対策や予習は基本はココで十分
というのが僕の結論。

ESや面接の体験記を書くと謝礼がもらえますが
その審査が最近は結構厳しいので
質の高いESや体験記が多いです。

(僕も結構修正くらいました…。)

登録はコチラ:ONE CAREER

★総合就活サービス「就活会議」

ONE CAREERの方でも書きましたが
ONE CAREERに体験記やESが無い場合は
こっちを見てました。

毎回その会社のエントリー状況を入力するのが
めんどくさい
ですが、インターンの感想とか
結構充実してました。割と使ったサービスです。

でも、就活会議の一番良かったところは
インターンの体験記や通過ESを買ってくれるとこ。

インターン1個で一律3,000円。
ESは500円。かなり儲かりました。笑

インターンの出来事やESの内容
本選考での面接内容などは
しっかり書き留めておくべきだと断言します。
色々と役に立ちます。

登録はコチラ:就活会議

★総合就活サービス「みん就」

楽天の就活サービスです。
セミナーや就活情報が載ってますが
僕は使いませんでした。

基本的にここは掲示板目当てで使われてます。
それぞれの会社1つ1つに掲示板があり
就活生同士で情報共有ができます。

合格者にはもうメールが来てるとか
面接後の連絡は当日中に来ただとか

見ててがっかりすることは多いですが
気持ちを切り替えられるのでその点はいいです。

僕もかなり使いました。
(気になりすぎてしまう時もありましたが…)

ただ、嘘つく人もいるんですよね。笑
大体わかりますが
ネットリテラシーはしっかり持ちましょう…。

みん就もインターンの体験記を書くことで
クオカードがもらえます。

有名な会社だと5,000円もらえることも。

登録はコチラ:みん就

総合就活サービス「外資就活ドットコム」

こちらは、外資系の会社に加えて
総合商社などの人気会社に特化した
就活サービスです。

就活難易度の高い会社の合格体験記や
インターンシップ体験記などが充実しています。
セミナーやイベントも開催されています。

僕はあまり使いませんでしたが
総合商社の掲示板がとても活発だったので
そこだけ使ってました。

名前の通り、外資系を目指す人には
いいサイトかもしれません。

総合就活サービス「digmee」

就活に関する情報を
LINEで集められるサービス。

友達追加しておくと、インターンの情報や
就活に必要な情報を教えてくれます。
今時の若い人にはお手軽でいいかも。

僕はパソコン派なので
あまり使いませんでしたが。

総合就活サービス「レクミー」

あまり使いませんでした。
イベントに参加したぐらいですね。

「上位校学生にための」と謳っているように
有名で人気な会社のインターンとかが
まとまってました。
それぐらいですかね…。

総合就活サービス「ブンナビ」

あまり印象がありません。笑
確かサイトの中で、簡単に会社を比較できました。
ほぼ使いませんでしたが。

イベントで四季報がもらえたこと
だけ鮮明に覚えてます。

たまたま東京にいたのでそこでもらいましたが
めちゃくちゃ人が多くて驚いた思い出。
さすが東京、って感じでした。

就活のためだけにお金払って四季報買いたくない
って人はこのイベントでもらいましょう。笑

総合就活サービス「キャリタス就活」

ポイントがもらえるってことで
ここのアンケートモニターをやってました。
その印象しかないです。

一回のアンケートで500ポイント。
特別アンケートとかもたまにあって
全部答えて10,000ポイントぐらい。

貯めたポイントはAmazonギフトなどに交換可能。
ただ、一回のアンケートが結構ボリューミーです。
時間単価は低いかもしれません。

総合就活サービス「アクセス就活」

図書カードが1日で4,000-5,000円ぐらい
もらえるイベントがありました。

4回行って20,000円弱。

この図書カードで就活に必要な本を買いました。
他にこのサービスは使いませんでしたが
この図書カードは魅力的です。

総合就活サービス「Goodfind」

ベンチャーメインの就活サービス。
面談もしてくれますし、イベントも
色んな大学で開催してくれて参加しやすいです。

僕はベンチャー志望じゃなかったので
あまり使いませんでしたが
ベンチャー志望には良いサービスだと思います。

プログラミングを無料で習えるサービスも。
僕は時間が取れずにすぐ辞めてしまいましたが…。

総合就活サービス「アカリク」

これは研究職を目指す人用です。
登録だけして全く使いませんでした。
文系就職する人には必要ないと思います。

★OB/OG訪問「ビズリーチ・キャンパス」

OB・OG訪問をするためのサービスです。
自分の出身大学の人を探して
手軽にOB・OG訪問ができます。

会いに行けない人はSkypeでも話ができます。
これはとても便利でした。

僕は7,8人に会ってお話を聞くことができました。
タダでご飯も食べれます。笑
(会社からお金は出るそうなので、遠慮せず。)

イメージだけでなく
その会社で働いている人の話を聞くのは大事…。
オススメのサービスです。

登録はコチラ:ビズリーチ・キャンパス

OB/OG訪問「VISITS OB」

こちらもOB・OG訪問アプリです。
自分の出身大学でない人にも
OB・OG訪問できます。

ただ、会社の種類は
ビズリーチキャンパスの方が多かったです。

就活生に人気の業界だと忙しい方も多く
会えないこともしばしば。
結局あんまり使わなかったですね。

同じテンプレを送ってくる会社の人や
説明会に誘ってくる人も多いです。
若干スカウトサイトっぽいです。

OB/OG訪問「Matcher(マッチャー)」

同じくOB・OG訪問のサービス。
「就活相談に乗るので、○○してくれませんか?」
という社会人のお願いを聞くという流れです。

例えば「就活相談に乗るので
面白い話してください。」みたいな。
いろんなお願いがあって面白いです。

ですが、返事がこない人もいたりして
あまり使わずに終わりました。

ビズリーチキャンパスは
企業ぐるみで登録してたりして
返信率が高かったです。

なので、OB・OG訪問サービスは
基本的にはビズリーチ・キャンパス。

そこで見つからない場合は他のサービスで。

★スカウトサービス「iroots」

一番しっかりしたスカウトが来た印象です。

有名な会社の人事と1対1で面談したり
交通費宿泊費支給のインターンに行ったり
これ経由で内定もらったり
使い勝手が良かったスカウトサイトです。

自分のプロフィールをしっかり書く必要はありますが
しっかりやればその分結果も出ました。
オススメです。

きたスカウトも有名で大手が多かったです。
(もちろんベンチャーもきます)

登録はコチラ:iroots

★スカウトサービス「Offer box」

こちらも使って良かったスカウトサイトです。
交通費宿泊費支給のインターンも行ったし
内定ももらいました。

ただ、irootsよりは説明会の誘いが多いです…。
あとは選考へのお誘い。

ですが全体的に満足しているサービス。
とてもいい会社に出会えました。(僕は)
登録しておいて損はないと思います。

登録はコチラ:OfferBox

★スカウトサービス「ニクリーチ」

人事の方から「一緒に肉を食べませんか」
という誘いが来るサービスです。

本当に来ました。僕は結局3回行きました。
もちろん、ただ肉を食うだけじゃなくて
説明会込みだったりします。

あと、肉無しのスカウトも来ます。
地方でも割とスカウト来たので
東京に住んでたらもっと食えたと思います。

登録しといて損はないです。
特に肉をむさぼりたい人。

登録はコチラ:ニクリーチ

スカウトサービス「Dodaキャンパス」

サイトのレイアウトは好きでした。笑
ですが、個人的にこことは
相性が悪かったです。

専攻がニッチなのが悪いんでしょうか?
スカウトの数自体が少ないし
知らない会社がほとんどでした。

でも登録会社には有名な会社が並んでたので
僕は見向きされなかったということです。笑
悪いサイトではないと思います。

スカウトサービス「キミスカ」

このサービスが
一番スカウトの量が多かったです。
多分100はゆうに超えてます。

でもベンチャーが多く
普通の説明会の誘いがほとんどでした。

あとは面談です。
面談しつつ説明会や選考のお誘いという感じ。
(たまーに有名企業もありました。)

ベンチャー志望の人にいいかもしれません。

スカウトサービス「JOBRASS新卒」

あまり印象が無いです。笑
スカウトはちゃんときます。

ただ、やっぱり説明会の誘いや
選考に来ませんかという誘いが多いです。

スカウトというぐらいなので何か
優遇が欲しいです。(傲慢ですいません)
数件は本選考の1次免除とかありました。

でも、あまり使わなかったです。

交通費がもらえる「サポーターズ」

交通費をもらって
企業(基本ベンチャー)の説明会や面接に
参加できるサービス。

ベンチャー狙いの人は入っといて損は無いかもです。
ただもらえるのは基本1,000円で
開催地から遠いと(県が違ったり)3,000円です。

ほとんど東京での開催だったので
僕は数回しか使いませんでした。

このサービス経由で
ホストでバイトしてた人事と出会ったことは
すごく印象に残ってます。笑
参考【就活体験談・裏話】ベンチャー企業の人事にホストの経験を自慢された話

★経済ニュース丸わかり「NewsPicks」

経済ニュースをメインとしたサービス。
就活中はかなり読んでました。

今どんな分野が熱いのか
どんなサービスが誕生してきているのか
など、とても勉強になります。

面接で割と「最近気になるニュースは」
と聞かれるのでその対策にも便利です。

その業界におけるニュースを
調べて一歩リードできるはずです。

それぞれのニュースに
専門家の方々がコメントしてたりするので
それを読むのも勉強になります。

学生は学割コースを利用しましょう。
登録はコチラ:NewsPicks

★口コミサイト「Openwork(Vorkers)」

企業の口コミサイトのようなものです。
実際に働いている人の声が聞けます

説明会で「この会社良さそう!」と思っても
ここでボロクソな時とかもあります。

ですが、「点数が高い=いい企業」
と単純に言うことはできないので注意。

自分の理想と入った後のギャップが
小さいほど高い点数になります。

あとは口コミを信じすぎるのも怖いので
参考程度に使いましょう。とは言いますが
僕はかなり使ってました。笑

大企業だと有名なところでも
「働き甲斐が無い、仕事がつまらない」
と言った意見があったりして面白いです。

もちろん大企業で有名で口コミも最高
ってとこもありますよ。でも
その会社が自分に合うかどうかはまた別の問題。

口コミ高いから行きたいとか
そういう安易な就活はSTOPした方がいいかも。
登録はコチラ:Openwork

就活サイト「BiZMiL」

仕事体感ムービーがメイン?
企業のリアルを知ってもらうためのサービス。
ほぼ使いませんでした。

でもアンケートで3,000円分
Amazonギフトがもらえました。笑

まとめ

かなりボリューミーになってしまいましたが
これが僕が使った就活サービスたちです。

全て個人的な感想なので
鵜呑みにせず、参考程度にしてください。笑

せっかくたくさんある就活サービスなので
うまく使って自分に合った企業に入社できるよう
頑張ってください。

就活は一応ちゃんとやりましたので笑
もし相談とかあればいつでもどうぞー。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学院生へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました