大学生の海外旅行失敗談【実体験】

体験談
タキ
タキ

こんにちは
元東北大学院生のタキです。

今回は、僕の海外旅行での失敗談を
話していこうと思います。

僕は海外旅行が大好きで
海外にはもう10回以上行ってますが
皆さんが思っている以上失敗しました。笑

この失敗談を反面教師にして
皆さんは騙されたりしない様
気をつけてください。

一つ一つが割と長い結ので
暇な時読んでください。泣

Sponsored link

両替所でボッタクられる

これはインドネシアのバリ島でやられました。
友達含め4人でバリ島に到着。

基本的に両替は海外でした方が得なので
今回もそうしました。

とりあえずホテルに着き、両替所を探すと
そこら中に両替の看板があります。

「こんなにあるんや」とか話しながら、
もちろん僕たちは一番レートの良い店へ
お金無いですからね。(これが失敗)

中に入ると店は細長い。奥に店主が座っています。
ニコニコした笑顔で「両替か?」と聞いてきます。
僕は笑顔で「イエス」と、1万円を両替えしました。

すると、何か違和感が…札が異様に多い…
でも、でかい札はあまり使わないのかなーと思い
そのまま札の枚数を確認し、受け取りました。

友達も2万円ほど両替し、ホテルに帰りました。
そのまま時間が過ぎ、寝る直前に
友達が「なんか札少ないかも」と。

僕は「確認したから大丈夫や」と笑ってましたが
友達がネットで「バリ島、両替所」で調べたところ
出るわ出るわ、詐欺の温床だったようです。

僕もしっかり確認したら
3000円ぐらい少なかったんですが
僕たちは枚数の確認を確かに行いました。

『目の前に数を数えながら札を置き、
最後に店主がそれをまとめてくれました。』

そうです。恐らく最後にまとめた時、、、
机の上でトントンと札をまとめるふりをして
お札を抜いていました。

それがバレないように
わざと小さめの札で何十枚も渡してきたわけです。

かなりイラつきました。
あのニコニコ店主にも
気づかずにヘラヘラしていた自分達にも。

しかし、よく考えたら今は手口を知っています。
上手くやれば高いレートで交換できると思い
別日に再びニコニコ店主の元へ。(やめましょう)

しかし、「札が無い」と言って両替を拒否。
はい、負けました。僕たちの完敗です。

揚げ物を売りつけられボッタクられる

これはベトナムのハノイでやられました。(くそー)
初めての東南アジア。空港から中心地までは
友人に連れて行ってもらったので完璧。

しかし、翌日街を歩いていると、、、
ベトナムを感じさせる三角の帽子の女性が
僕に話しかけてきました。
結構可愛い。

何を言っているかは分かりません。
伸ばした腕の先にはドーナツみたいなお菓子?

結構美味そうだし買ってもいいかと
ジェスチャーで「1個」と。

すると笑顔になり、袋に揚げ物を詰め始めます。
やっぱり可愛い。「ハウマッチ」と聞くと
確か日本円で100円程度。

やっすーと思いながら財布を漁る。
でも、ベトナム来たてで札の価値がわかりません。
戸惑っていると視界の外から手がニョキッと。

あぁ、僕が戸惑っているから助けてくれるんだな
と財布を見せると、札を持って消えて行きました。

この時僕は
ボッタクられたことに全く気づいていません
可愛かったなぁ。と思ってました。


あとあと、札の価値がわかってきて察しました。
…1500円ぐらい持ってったな。
はい、僕の負けです。

靴磨きで金をせがまれる

これもベトナムのハノイです。(2回目)
揚げ物でボッタクられたことに気づいていない
僕はハノイの風景を楽しんでいました。

すると、座っていたおじさんが
僕の靴を指差して何か言ってます。

恐らく「お前の靴汚い、俺が綺麗にしてやるよ」
と言ってます。分かりませんけど。
ただ、この時の僕は機転が利きました。

無事、口から「ハウマッチ」という言葉が出ました。
おじさんは「フリー」と言いました。
僕は靴を綺麗にしてもらいました。

そしてお金を払いました。
意味が分かりません。

水上マーケットでボッタクられる

これも悔しい経験です。
事件はタイのバンコク近くの
水上マーケット入り口で起きました。

事件の前日、僕は友人3人と
タイ人の友人(タイちゃん)の5人で
バンコクの寺院観光をしていました。

タイちゃんがいるので、安心安全。
ボッタクられるはずがありません。
ワット・ポーと呼ばれる寺院で

実家のお父さんのように
テレビを見ている仏さまを見た帰り
「明日水上マーケットに行きたいんだけど」と
タイちゃんに話しました。

するとタイちゃんが、その辺にいる
タクシーの運ちゃんに話しかけています。
タイ語なので理解できません。

なんと、そのおじさんがタクシーで
水上マーケットに連れて行ってくれるとのこと。
しかも往復で一人400円ほど。

これは安いと、即決で握手。
タイちゃんにお礼を言いホテルに帰りました。

次の日タクシー運ちゃんは
ホテルに迎えにきてくれました。

みんなで「安いな、やったな」と
ワクワクしながら水上マーケットへ。

数時間後、やっと着きましたが
駐車場を見ると同じ色のタクシーしかない
ん?なんか嫌な予感。

水上マーケットの入り口に行き
値段を聞くと1人約4000円…

(普通ボート1隻でこれぐらいらしい)

やられた。後から知ったのですが
水上マーケットには入り口が複数あるそう。
ボッタクり用の入り口に無事到着というわけ。

金がない場合に備えてATMも完備。
もちろん僕たちは抗議しました。

「そんなに払えない」と。
「それだったら帰る」と。
しかしバンコクはすでに遥か遠く。

タクシーの運ちゃんは
「ここまで来たのに帰れない」と。

結局交渉することで1人1500円ぐらいに
下がりましたが、お金のことを考えすぎて
水上マーケットもう覚えてません。

記憶を失い、気づいたらバンコクに。
タクシー代金はちゃんと1人400円でした。
そこは安いんかい。

勝手に観光地に連れてかれ、金をせがまれる

これはベトナムのホーチミンより更に南の街に
行った時のことです。
ベトナム人の友人
(ベトナムちゃん)と行きました。 

この時も、もちろん安心安全。
全てベトナムちゃんに任せていました。 

メコン川近くのカントー(ベトナム人には通じない)
という街から更に遠い街についた僕ら。

目的地のTra Su Forestに行くには、
タクシーかバイクタクシーを使うしかありません。
ベトナムちゃんがその交渉をしています。

バイクタクシー終日1人1500円。
うん、1日使い放題ならまぁ安い。
そしてそのままTra Su Forest に向かいます。

余談ですが、バイクタクシー怖いです。
あの人たち信じられないスピード出します。
無駄に追い越します。

「これ死ぬわ」と思いながらTra Su Forest到着
と思ったら全然違う場所。

ベトナムちゃんに聞くと
他にも観光地あるから案内してくれるらしい。
料金もそのままらしい。

「最高やん」と思って観光。
続いてTra Su Forestに。

最後は変なお寺。
そして長旅を終え、バス停に到着。

センキューセンキューと笑顔の僕に対して
鬼のような顔のベトナムちゃん。

とても怒っています。

しばらく怒ってましたが、いくらかお金を払い
バイクタクシーは帰って行きました。
話を聞くと「いろんな所に行った分お金を払え」
と言われたそう。

「値段変わらないって言ったでしょ」
と言っても無理だったらしい。
結局1人3000円ぐらい払わされました。

余談ですが、最後の変なお寺で
ベトナムちゃんは訳も分からず
1500円ぐらい払わされてお祈りしてました。
かわいそう。

今回の経験を通して、同じ国の人でも
ボッタクられることが分かりました。

ボッタクられるのはアホではありませんでした。

普通に財布をスられる

これはベトナムのハノイで。(3回目)
ベトナムちゃんが実家に帰ったので
僕はハノイに滞在することにしました。

一人だとやっぱり暇でしたが
ベトナムちゃん2がベトナムくんの家で
パーティがあると誘ってくれたので、行くことに。

美味しいご飯で幸せ気分。
その後、ホアンキム湖という湖に
行くことになりました。

休日だったため、周囲は歩行者天国。
ほぼお祭りですね。へー、すごいなーと
僕+ベトナム人×4(つまり5人)で散歩しました。

僕は現地の人×4に囲まれていたので
安心しきっていました
。斜めがけのカバンは
僕の背後に設置されています。

「ん、何か違和感が。」
急に背中に違和感を覚えました。

カバンを前に持ってくると
とぼけた顔で口を開けた僕のカバン。
僕の口も開いたまま。

終わった。。。
盗まれたポーチの中は宝の山です。

  • パスポート
  • お金30,000円分
  • Simカード
  • クレジットカード

諦めかけて左を向いた僕。
目の前にはやせ細ったおじさん。
その手には僕のポーチ。

おじさんは
よく気づいたな、お前はできるやつだ」
と言わんばかりの顔で僕を見つめています。

もちろん僕は
当たり前だろ、気づかない訳ない
という顔ができるはずもなく
怯えた顔でポーチを受け取りました。

この時ほどホッとしたことはありません。
浪人して大学に受かった時よりも
ホッとしました。今もまだホッとしてます。

まとめ:海外では気をつけ過ぎて損は無い

以上が僕の実際の体験談です。
引っかかりませんでしたが
他にも騙されそうになったことはかなりあります

海外旅行に行く際は以下のことが重要です。

  • カバンは常に前に持ち、目を離さない
  • 相場を知っておく
  • ボッタクリの例を調べておく

こういうことがある、と事前に知っておけば
防げる可能性は格段に上がるので
気をつけながら、楽しんでください。

安心安全な旅がしたい人は
ちょっとお金がかかったとしても
ツアーで申し込むのがいいですね。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学院生へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました