【ニクリーチの評判は?】実際に肉を食べた僕の感想とスカウトを増やす方法

就活ツール
タキ
タキ

こんにちは
元東北大学院生のタキです。

僕は理系院生だったんですが
結果的に内定を7つもらい
文系就職をしました。

様々な就活サービスを利用しましたが
その中にこの「ニクリーチ」もありました。

そしてニクリーチを利用して
3回も肉を食べることができました。

ということで今回は
ニクリーチの使い方と実際に使ってみた感想
をご紹介したいと思います。

Sponsored link

ニクリーチとは?逆求人サイトとは?

ニクリーチとはいわゆる「逆求人サイト」です。
無料のサービスでホームページには次のように
説明されています。

ニクリーチに登録するとあなたに会ってみたい企業から「お肉を食べに行きませんか」とお誘いがきます。 

https://29reach.com/

つまり、学生が応募するのではなく
企業側からオファーを送ってくるサービスです。

プロフィールを更新しておけば
それを見た企業が「オファー」してくれます。

こういったサイトを「逆求人サイト」と言います。
オススメの逆求人サイトはこちら。
参考内定をもらった僕がオススメする逆求人サイト4選

しかし他のサイトと違うのは
人事と一緒に肉が食べれるという点です。

ニクリーチではスカウトは来る?

結論から言うとニクリーチでスカウトは来ます。
実際に僕は15件近くスカウトが来ました
その中で実際に肉を食べたのは3回です。

肉を食べられる逆求人サイトは他にないので
少し変わったスカウトをもらいたい人にオススメ。

どんな会社からスカウトが来る?

実際にスカウトが来ると言っても
どんな会社から来るのかが気になりますよね。

登録会社には、UTグループ、GU、大京
オリエントコーポレーション、ティーケーピー
などが並んでいます。

登録会社はニクリーチに登録すると
誰でも見ることができます。

見た感じIT企業やベンチャー企業が多いです。
実際僕に来たのは以下の通りです。

  • 不動産会社
  • 保険会社
  • 大手商社
  • 新興ベンチャー
  • メガベンチャー
  • 医療機器の会社

思ったよりいろんな業界からスカウトが来ました。
ですが、IT企業やベンチャーが
かなり多かったのは確かです。

どんな内容のスカウトが来る?

オファーが来ると言っても、全てのオファーで
肉が食べれるわけではありません。
ニクリーチには3種類のスカウトがあります。

・スカウト
説明会へのご案内や、面談、その他採用イベントへのご招待など、お食事以外の機会でお話をしたい時に送られるスカウトです。

・選考直結スカウト
企業があなたに興味を持ち、選考に進んでいただきたい時に送られるスカウトです。

・ランチスカウト
企業が一緒にランチを食べながらお話をしたい時に送られるスカウトです。

https://29reach.com/scout/

このランチスカウトがもらえれば
無事お肉にたどり着けます。
僕の場合、一番多かったのはスカウトでした。

運営会社のビズリーチが
主催するイベントのスカウトが来ましたが
そこではピザを食べれたので良かったです。笑

次に多かったのは選考直結スカウトです。
有名な会社もあり質は高かったように思います。
ただ、僕は受けませんでしたが。

正直、肝心のランチスカウトが
一番少なかったです…。

まぁ無料でお肉が食べられるんですから
仕方ないですよね。
ただ、僕は東京では無く地方住みの学生。

それでも3回食べれたので
都会に住んでいる人なら
もっと食べれる可能性が高いと思います。

ニクリーチでスカウトを増やすために

いざ登録してもスカウトが来なかったら
使っている意味がありません。
せっかくなら1回でも肉を食ってやりましょう。

ということで、オファーの増やし方も紹介します。

ニクリーチでは、ただ登録しているだけでは
会社からオファーは来ません。
様々な方法で会社にアピールしていくべきです。

ニクリーチ履歴書を充実させる

ニクリーチには「ニクリーチ履歴書」
というものが存在します。

嘘はつかないようにしながら
自分の志向性や学生経験を
入力していきましょう。

引用元:ニクリーチ

また、フリースペースもあるので
そこでしっかり自分をアピールしましょう。
自己PRの方法が分からない人はまず自己分析。
参考就活で一番大切なのは自己分析だった

「この学生と肉を食べたい」と
思ってもらえるように推敲を重ねましょう。

「話を聞きたい」ボタンを活用する

ニクリーチでは、自分が興味を持った会社に
こちらから「話を聞きたい」という通知を
送ることができます。

僕も「話を聞きたい」ボタンを押したら
すぐにオファーが届いたことがあります。
積極的に使っていきましょう。

写真を登録する

写真を設定することで
一目で相手に印象を与えられます。

スーツを着た証明写真ではなく
自分らしさが溢れた写真を使うと良いです。

僕も留学に行った時の写真を使ってました。

ニクリーチを使うメリット

僕はニクリーチ経由で
5社とランチ・あるいは面談をしました。

結局それらの会社の選考は辞退したのですが
就活の相談に乗ってくれましたし
アドバイスもいただけました。

とても良い出会いだったと思います。
肉を食べることを抜きにしても
総合的に満足しています。

使ってみて良かったことは以下の通り。

  • 知らなかった優良企業に出会える
  • オファーをもらうことで自信が湧く
  • 肉を食べながら企業の話が聞ける

まず、「知らなかった優良企業に会える」
ニクリーチを使っていなかったら
おそらく知る事は無かったであろう会社を
知ることができました。

結局辞退することになりましたが
選考も最終面接まで行きました。
人生を考える機会になった、いい出会いでした。

また、「オファーをもらうことで自信がつく」
就活は自信を持って挑むことが大事です。

自信過剰も良くないですが
自信を持って生き生きとした表情の学生が
高い評価を得るのは間違いないです。

最後に「肉を食べながら企業の話が聞ける」
これがニクリーチの醍醐味ですね。笑
ただ、肉を食べて終わりではありません。

ランチスカウトでも会社の話を聞きますし
就活相談にも乗ってくれます。
うまく活用していけば非常に役立つサービス
登録はこちら:ニクリーチ

ニクリーチを使うデメリット

良い点も多いですが、やはり「うーん…」と
思ってしまうようなこともありました。
こちらもしっかりシェアしていきます。

  • 登録企業が多くない
  • 住んでいる地域がスカウトに影響する

まず「登録企業が多くない」こと。
ニクリーチには
108と記載されています。(2018年7月現在)

引用元:ニクリーチ

対して逆求人サイトの一つ
「OfferBox」は5420以上。
参考OfferBoxで内定した僕の感想とスカウトの増やし方

もう少し増えるとランチスカウトの
増加も期待できます。

続いて「住む地域がスカウトに影響する」
「ランチ=直接会う」ということ。

東京に本社がある会社がほとんどなので
地方に住む学生へのスカウトは少ないことが
予想できます。

地方の学生がランチのために東京に来るとは
考えにくいので、地方に就活イベントなどで
行く予定がある場合にスカウトを送るはず。

なので、地方の学生は不利です。
それでも僕は3回ランチスカウトをもらえたので
登録しておいて損はないでしょう。

まとめ

ニクリーチについて僕の感想も交えて
紹介してきました。
総合的にはオススメできるサービスです。

早めに登録して
人事と一緒にお肉を食べましょう。
そして就活を有利に進めましょう。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学院生へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました