愛知「のんほいパーク」の見どころを詳しく解説

・東海
タキ
タキ

こんにちは
自称「水族館ジャーナリスト」のタキです。

今回はひとり水族館大好きの僕が
「のんほいパークの見どころ」を紹介します。

行く前にポイントを抑えておけば、より一層
のんほいパークを楽しめるはず。

Sponsored link

「のんほいパーク」の基本情報

愛知県豊橋市にある「のんほいパーク」
水族館ではなく動植物公園です。

入場料金は大人600円と水族館としては
かなり安いですが
、規模もしっかりと大きく
一日楽しめる施設です。

のんほいパークは水族館ではありませんが
中にある「極地動物館」は水族館顔負け。
海に住む生物が私たちを待っています。

水族館の楽しみ方がわからない人はコチラを。
参考【大人向け】ひとりでも水族館を満喫できる9つの楽しみ方

見どころ①「極地動物と遊ぶ」

最初の見どころは「極地動物とのたわむれ」
寒い地域の動物が揃っています。

のんほいパークにある「極地動物館」
以下のような動物たちが住んでいます。

  • ホッキョクグマ
  • ミナミイワトビペンギン
  • オウサマペンギン
  • ジェンツーペンギン
  • フンボルトペンギン
  • ゴマフアザラシ

水族館らしい動物園といえば旭山動物園
有名ですが、のんほいパークも負けてません。

ペンギンが群れをなして泳いだり
アザラシが円柱水槽にやってきたり
ホッキョクグマが飛び込んできたり

水族館らしい展示を
動物園で楽しんでみてください。

見どころ②「動物園の魅力」

続いての見どころは「動物園の魅力」
たくさんの陸上生物にも出会えます。

のんほいパークはどちらかというと
陸上動物がメインです。

水棲生物が好きなあなたも
せっかくなので、可愛い陸上動物たちに
癒されてみてください。

動物園と言えば、で思いつくような
動物にしっかり出会うことができます。

ライオン、サル、クジャク、ミミズク
ツキノワグマ、レッサーパンダ
オランウータン、カバ、シマウマ などなど

動物園はにおいがきになる、という人も
いるかもしれませんが、たまには。笑

見どころ③「植物園の魅力」

続いての見どころは「植物園の魅力」
のんほいパークは植物園でもあります。

のんほいパークの中の植物園ゾーンには
多様な植物が植えられています。

温室まで用意されており
熱帯の植物も楽しめます。
さらに、スイレンが浮かぶモネコーナーも。

植物の緑は私たちをリラックスさせてくれます。
ぜひこちらも楽しんでみてください。

それ以外にも、のんほいパークには
自然史博物館と遊園地があります。
ここだけで一日中過ごせます。

ショップ・レストランの見どころ

のんほいパークには「飲食スペース」が5つと
「ショップ」が3つあります。

それぞれオススメの場所を紹介します。

  • ショップ「のんほいパーク 中央売店」
  • レストラン「トラットリア チェントロ」

ショップ「のんほいパーク 中央売店

のんほいパークのグッズが盛りだくさん。
大人向けの雑貨も揃っています。

  • のんほいもぐもぐシロクマ
  • のんほいつれてくフレンズ
  • のんほいアニマルシリーズ など

思わず買いたくなるお土産がたくさんです。

お土産を買う時の注意点はこちら
参考水族館でグッズを買うときに気をつけること

レストラン「トラットリア チェントロ

展望塔の1階にあるレストランです。
自家製麺と地元野菜のパスタが目玉。

  • 地元野菜とベーコンのペペロンチーノ
  • 厚切りベーコンのアラビアータ
  • 三州豚100%の自家製ハンバーグ など

モチモチの自家製面をどうぞ。

気になる細かい情報たち

のんほいパークに関する細かい情報を
こちらに載せておきます。使ってください。

所要時間はどのくらい?

極地動物館のみなら1時間ほどで十分。
全部しっかり楽しみたいなら
1日時間があった方がいいです。

駐車場はある?

のんほいパーク専用の駐車場があります。
普通車は200円で利用できます。

公共交通機関を利用する場合は
JR二川駅で下車します。

授乳室はある?

授乳室は園内に複数用意されています。

コインロッカーはある?

園内にコインロッカーが設置されています。

ベビーカーのレンタルはしている?

ベビーカーは200円でレンタルを行なっています。

車イスのレンタルはしている?

車椅子は無料でレンタルを行なっています。

水族館を安く楽しむために…

「水族館は値段がネック」という人が
結構いるはず。

水族館巡りが好きな僕も「高いなー」
と思うことが結構あります。

そんな方のために、水族館を安く楽しむ方法を
まとめたのでぜひコチラの記事をどうぞ。
参考【水族館好き必見】水族館を安く楽しむ6つの方法

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました