面接で何度も失敗しないために大切なこと

理系の文系就職
タキ
タキ

こんにちは、大学院生のタキです。

今回は「面接で何度も失敗したくない」
という人向けの記事です。

面接を何回受けてもなかなか通らない
気持ちもどんどん沈んでいく…

この負のスパイラルに入りたい人は
いないと思います。

というわけで
「面接で何度も失敗しないためにやるべきこと」
を解説していきたいと思います。


Sponsored link

面接で何度も失敗しないために

面接に何度も何度も落ちてしまったら
どんどん気持ちはヘコんでいきます。

そうならないために
しっかり対策する必要があります!
その方法は大きく分けて以下の通りです。

  • 失敗した面接の振り返り
  • 面接練習を受ける
  • 選考内容を調べておく

詳しく説明していきます。

失敗した面接の振り返り

まずは「失敗した面接の振り返り」です。
これは一番大事です。

  • なぜ失敗してしまったのか
  • 何が悪かったのか
  • 次はどうしたら良いのか

これを復習しておかないと
また同じ過ちを繰り返してしまいます。

そうなると何回面接を受けても成長しないので
失敗を重ね続けてしまいます。

ただ、注意点があります!

落ちた連絡が来てから、振り返っても
思い出せない可能性があります。

基本的に落ちた人への連絡は遅いので…
(悲しいですが…)

そのため、面接を終えたらすぐに
「振り返り」をしておきましょう!

面接官の質問やそれに対して話したこと
面接官の反応などを書き出しておいて
それを元に修正点を考えていくのが良いです。

自分のダメな点を理解して
そこを修正していくことができれば
面接の通過率は大きく上昇します。


面接練習を受ける

続いては「面接練習を受ける」ことです。
面接は結構「慣れ」の要素が強いです。

数をこなしている人は面接が得意ですし
経験値が少ない人は
どうしても勝手が分かりません。

そのため、まだ面接慣れしていないと感じる人は
大学のキャリアセンターやOB訪問を利用して
面接練習を受けましょう!

面接慣れしすぎると良くないという人がいますが
緊張しすぎたり、伝え方が下手すぎたりして
落ちてしまうよりは絶対にマシです。

場数を踏めるだけ踏んでおきましょう!
個人的にはOB訪問を活用するのがオススメです。

理由はこちら。

  • 選考をくぐり抜けた実績がある
  • 企業ごとのアドバイスがもらえる
  • 適度な緊張感がある

訪問するOBにもよりますが、ほとんどの人が
厳しい選考をくぐり抜けているはずです。

そのため、実践的なアドバイスをしてもらえます。

また、様々な企業を受けている場合は
企業ごとにアドバイスをもらえる場合があります。

さらに面識の無いOBであれば
適度な緊張感も生まれ、より実践的な
面接練習をすることができます。

このようなメリットがあるので
可能であれば積極的にOB訪問をして
直すべき点や良い点を聞いてみましょう!

また、OB訪問自体にもメリットがあります。
それは「他の学生との差別化」です。

個人的にはどんどんOB訪問を
するべきだと思います。

OB訪問の大切さについては
こちらの記事で詳しく解説しています。
参考OB訪問の重要性とは?必要性とは?


選考内容を調べておく

最後は「選考内容を調べておく」ことです。
面接で聞かれる質問は、同じ会社であれば
毎年大きく変わることはありません。

判断基準が毎年変わってしまうと大変なので。

そのため、事前に就活サイトを利用して

  • どんなことが聞かれるのか
  • どんな雰囲気なのか
  • どこが評価されたと感じるか
  • どんな立場の人なのか

などを調べておきましょう。
雰囲気が変わってくれば
面接の仕方も変わってきます。

これによって面接の対策ができるだけでなく
逆質問の内容を考えることもできます。

オススメのサイトは「ONE CAREER」です。

ONE CAREER」は通過ES・面接の内容など
コンテンツが充実した総合就活サービスです。

選考体験記を投稿することができるんですが
他のサイトと比べて審査が結構厳しいです…。

そのため質の高いESや面接体験記が
多数掲載されています。ぜひ活用してください!

選考体験記を投稿してお金を稼ぐ方法は
こちらの記事で詳しく解説しています。
参考選考体験記で稼げるオススメサイト


まとめ:失敗は成功の母

面接の失敗を重ねないための方法はこちら!

  • 失敗した面接の振り返り
  • 面接練習を受ける
  • 選考内容を調べておく

失敗することは誰にでもあります!
それを糧にして修正していけば
必ずうまくいく面接が出てくるはずです。

僕も何度も何度も失敗しました。
喋りすぎてしまったり
質問に答えられなかったり。

しかし、振り返りを通して
徐々に通過率が上がってきました。

失敗を放置せずに、少しずつでいいので
上手くいかない点を無くしていきましょう。

もし失敗して落ち込んでいる人がいたら
こちらの記事を読んでください。
立ち直る方法を解説しています。
参考面接に落ちたショックから立ち直る方法

引き続き頑張ってください!
では、また。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学院生へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました