秋田「男鹿水族館 GAO」の見どころを詳しく解説

・東北
タキ
タキ

こんにちは
自称「水族館ジャーナリスト」のタキです。

今回はひとり水族館大好きの僕が
「男鹿水族館 GAOの見どころ」を紹介します。

行く前にポイントを抑えておけば、より一層
男鹿水族館 GAOを楽しむことができるはず。

Sponsored link

「男鹿水族館 GAO」の見どころ

秋田県男鹿市にある「男鹿水族館 GAO」
ホッキョクグマが有名な総合水族館。

入場料金は大人1,100円と水族館としては
少し安い。しかし規模もしっかりしており
十分に楽しめる水族館です。

男鹿水族館の特徴はホッキョクグマ。
この水族館のスターにもなっています。
もちろん魚の展示も充実してます。

デートスポットとしても楽しめます。
参考水族館が動物園よりもデートにオススメな7つの理由

水族館の楽しみ方がわからない人はコチラを。
参考【大人向け】ひとりでも水族館を満喫できる9つの楽しみ方

見どころ①「スターのホッキョクグマ」

最初の見どころは「スターのホッキョクグマ」
「男鹿水族館」はホッキョクグマが有名な水族館。

「豪太」は大人気で、秋田県民なら
誰でも知っていると言っても
過言ではないかもしれません。

そんな豪太は自分から様々な遊びを生み出します。
プールに飛び込んだり、おもちゃを壊したり
まるで豪太のショーを見ているよう。

笑いが起きたり、歓声が起きたり
豪太の水槽はいつも人が集まっています。
その雰囲気を一緒に味わいましょう。

ホッキョクグマは「陸上最大の肉食獣」。
男鹿水族館に来たら
その大きさや迫力を味わっておきましょう。

見どころ②「秋田が詰まった展示」

続いての見どころは「秋田が詰まった展示」
男鹿水族館の魅力はホッキョクグマ
だけではありません。

地元の海で漁獲される魚たちや
地元の森や田畑に棲む魚たちの
活き活きとした姿に出会えます。

その中でも有名なのが「ハタハタ」
秋田といえばこの魚ですね。

秋田の顔であるこの魚の
生きた姿を見ることができます。

秋田名物「しょっつる」はハタハタからできます。
そのしょっつるに関する展示もあり
ハタハタに関する展示は日本一です。

この機会に普段食べている魚の生きた姿を
ゆっくり観察してみましょう。

見どころ③「男鹿の海大水槽」

続いての見どころは「男鹿の海大水槽」
男鹿水族館の象徴的な水槽です。

これは水中に断崖絶壁がそびえ立つ
とても立派な展示です。

静かな音楽と薄暗い照明が合わさって
大きな水槽が私たちを包み込んでくれます。

水槽の近くで隠れた魚を探してみたり
少し離れたベンチに座ってゆっくり眺めたり
さまざまな方法で楽しむことが出来ます。

秋田県ではマダイやシマアジなどの漁獲が多いです。
この水槽にも秋田県と関係の深い魚たちが
数多く展示されています。

大水槽の中には
男鹿市の観光スポット「ゴジラ岩」も再現。
ぜひ探してみてください!。

ショップ・レストランの見どころ

男鹿水族館には
レストラン、ショップがあります。

  • ミュージアムショップ
  • レストラン「フルット」

ミュージアムショップ

男鹿水族館オリジナルグッズ
おみやげにぴったりのお菓子などが売っています。

  • 男鹿のナマハゲフェイスパック
  • なまはげサイダー
  • 2020年GAOオリジナルカレンダー
  • さつまいもソフト など

お土産を買う時の注意点はこちら
参考水族館でグッズを買うときに気をつけること

レストラン「フルット」

男鹿の海を見渡すことができるレストランです。
男鹿や秋田の幸を活用したメニューが楽しめます!

  • 豪太の焼印入り!ホットケーキ
  • 男鹿しょっつる焼きそば
  • ミニはらこ飯 など

レストランは入館料なしで入場できます。

細かい情報たち

男鹿水族館 GAOの細かい情報も
こちらに載せておきます。

所要時間はどのくらい?

ゆっくり回って1時間半〜2時間程度で
全て回れるぐらいの大きさです。

駐車場はある?

無料の駐車場があります。

授乳室はある?

授乳室は館内に1ヶ所あります。

コインロッカーはある?

コインロッカーは館内に1ヶ所あります。

ベビーカーのレンタルはしている?

無料で行っています。

車イスのレンタルはしている?

無料で行っています。

水族館を安く楽しむために…

「水族館は値段がネック」という人が
結構いるはず。

水族館巡りが好きな僕も「高いなー」
と思うことが結構あります。

そんな方のために、水族館を安く楽しむ方法を
まとめたのでぜひコチラの記事をどうぞ。
参考【水族館好き必見】水族館を安く楽しむ6つの方法

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました