北海道「氷海展望塔オホーツクタワー」の見どころを詳しく解説

・北海道
タキ
タキ

こんにちは
自称「水族館ジャーナリスト」のタキです。

今回はひとり水族館大好きの僕が
「氷海展望塔オホーツクタワー の見どころ」を紹介します。

行く前にポイントを抑えておけば、より一層
オホーツクタワー を楽しむことができるはず。

Sponsored link

「氷海展望塔オホーツクタワー」の見どころ

北海道紋別市にある「氷海展望塔オホーツクタワー」
海にそびえ立つ日本最北端の水族館です。

入場料金は大人800円と水族館としては安め。
その分規模も小さいですが、楽しめます。

オホーツクタワーには寒い地域の生物が
たくさん展示されています。

照明もそれにあった雰囲気となっており
落ち着いた空気を味わえます。

そのためデートスポットとしても楽しめます。
参考水族館が動物園よりもデートにオススメな7つの理由

水族館の楽しみ方がわからない人はコチラを。
参考【大人向け】ひとりでも水族館を満喫できる9つの楽しみ方

見どころ①「海中を楽しめる」

最初の見どころは「海中を楽しめること」
「凍る海」であるオホーツク海の魅力を
存分に楽しみながら学べます。

この水族館ではオホーツク海の中を
観察することができます。

観察窓はそれほど大きくないですが
運が良ければ海を泳ぐ魚達に出会えます。

これはかなりレアなパターンですが
アザラシやトドが来ることも…。

季節や時間によって
さまざまな顔を見せてくれる
自然豊かなオホーツク海。

海が流氷に訪れる時期には
流氷の下を観察することもできます。

見どころ②「北の海を満喫できる」

続いての見どころは「北の海を満喫できること」

オホーツクタワーでは
寒い地域に生息するクリオネやチョウザメなど
おなじみの生物に出会うことができます。

水族館内の照明は青区なっていてとても幻想的。
雰囲気から楽しめます。

せっかくなので冬の海を満喫しましょう。

見どころ③「4Dシアターや展望テラス」

続いての見どころは「4Dシアターや展望テラス」

オホーツクタワーには魚のいる水槽だけではなく
北海道初の常設4Dシアターと
展望テラスも設置されています。

4Dシアターでは4つの作品が上映されています。

  • 「アイスの小さな大冒険」
  • 「アクア・ワールド」
  • 「金魚のくしゃみ」
  • 「ザ・ルーム」(夏季限定:15歳未満は観れません)

個人的には「ザ・ルーム」を観てみたいです。
ホラー系の作品のようです。

また、3階の展望テラスでは
オホーツクタワーを一望することができます。

オホーツクタワーに来たら
ぜひテラスから大海原をみてみましょう。

ショップ・レストランの見どころ

オホーツクタワーには
3階に喫茶コーナーがあります。

オホーツク海を眺めながら
以下のような軽食を取ることができます。

  • ホタテステーキ
  • ご当地ソーダ
  • ナポリタン
  • かき揚げそば など

また、お土産売り場もあります。
そこまで大きくはありませんが
水族館のグッズも購入できます。

お土産を買う時の注意点はこちら
参考水族館でグッズを買うときに気をつけること

細かい情報たち

オホーツクタワー の細かい情報も
こちらに載せておきます。

所要時間はどのくらい?

ゆっくり回って1時間〜2時間程度で
全て回れるぐらいの大きさです。

駐車場はある?

無料の駐車場があります。
とても広いので安心してください。

授乳室はある?

授乳室はありません。

コインロッカーはある?

有料のコインロッカーが
ガリンコ号Ⅱ受付カウンター横に
設置されています。

ベビーカーのレンタルはしている?

無料で行っています。

車イスのレンタルはしている?

無料で行っています。

水族館を安く楽しむために…

「水族館は値段がネック」という人が
結構いるはず。

水族館巡りが好きな僕も「高いなー」
と思うことが結構あります。

そんな方のために、水族館を安く楽しむ方法を
まとめたのでぜひコチラの記事をどうぞ。
参考【水族館好き必見】水族館を安く楽しむ6つの方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました