水族館好きなあなたにオススメの本7選

水族館
タキ
タキ

こんにちは
自称「水族館ジャーナリスト」のタキです。

僕は水族館が大好きなんですが、他にも僕のように
「家でも水族館気分を味わいたい」
「水族館についてもっと知りたい」

という方がいるかと思います。

ということで今回は、そんな方向けに
ひとりで100回以上水族館に行ったことのある僕が
「自宅でも水族館を楽しめる本」を7冊ご紹介します。

Sponsored link

水族館好きにオススメの本①「全国水族館ガイド125」

世界にただ一人の「水族館プロデューサー」
中村元さんの著書。

オススメポイントは以下の通り。

オススメポイント
  • 日本全国の125の水族館を網羅
  • 写真がふんだんに使われており、分かりやすい
  • 2019年6月に発売されたばかりで、最新の情報が記載
  • 水族館プロデューサーならではの視点が学べる


日本にある125の水族館を網羅しています。
「こんなに水族館があったのか」と驚きですね。

また、水族館プロデューサーならではの視点で
写真をふんだんに使って、水族館を解説しています。

水族館を知り尽くした彼独自の視点を学びながら
日本全国の水族館について勉強できる本はこれだけ。
6月に発売されたばかりなので、情報も新しいです。

この本を読んで、全国の水族館を行脚しましょう…!

水族館好きにオススメの本② 「水族館ガイド」

こちらも、中村元さんの著書。
全国水族館ガイドより量は少なく
30の水族館について記載。

オススメポイントはこちら。

この本のオススメポイント
  • 全国主要な水族館の魅力が分かる
  • 水族館プロデューサー独自の視点が学べる
  • カラー写真で分かりやすい
  • サイズが小さく持ちやすい


ご存知「美ら海水族館」や「海遊館」などを
含めた主要な水族館について
4つの視点からまとめられています。

それぞれの良さ・楽しみ方が分かります。
もちろんカラー写真が使われていて見やすい。

さらに、ハンドブックサイズで持ち歩きやすい。
これは地味に嬉しい。

水族館好きにオススメの本③「水族館の文化史」

水族館はなぜできたのか?いつできたのか?
どのように発展してきたのか?など
水族館の歴史を余すところなく紹介したこの本。

オススメポイントはこちら。

この本のオススメポイント
  • 水族館の歴史を一から学べる
  • 日本だけでなく、世界の水族館についても知れる
  • 359Pのボリュームで膨大な知識が得られる

日本だけでなく世界的な水族館の歴史を
学ぶのに最適な本です。

近年のイルカ問題にも言及しており、
「動物の権利・福祉」についても見識を深められます。

学術的な内容なので、少し内容が難しめです。
水族館上級者向けですがかなりオススメ。

水族館好きにオススメの本④「大人のための水族館ガイド」

水族館ファンの3人(20, 30, 70代)と
水族館の飼育課長との対話形式で書かれた本。

オススメポイントはこちら。

この本のオススメポイント
  • 水族館に関する様々な疑問が解消できる
  • 水族館の裏側を知ることができる


・魚はどこからやってくるのか
・誰が獲ってくるのか
といった様々な疑問が解消できます。

実際のエピソードが語られているため
様々な裏側を知ることができます。

これを読んで一歩進んだ水族館の知識を得れば
友達を水族館で楽しませることもできるはず…!

内容は少し学術的なものも含まれています。


水族館好きにオススメの本⑤「無脊椎水族館」

無脊椎動物を楽しむために様々な水族館を巡る
紀行エッセイ。

オススメポイントはこちらです。

この本のオススメポイント
  • 無脊椎動物、という一歩進んだ水族館の楽しみ方が学べる
  • カラー写真もあり、文章以外でも楽しめる
  • 会話口調で読みやすい

あなたは水族館に行った際に
わざわざ無脊椎動物って観ますか?

無脊椎動物のために水族館に行くって
結構斬新ですよね。

でも「水族館ってこういった楽しみ方もあるんだ」
ということを分からせてくれる本
です。

これを読んでから自分独自の楽しみ方を見つける
というのも乙なものだと思います。

水族館好きにオススメの本⑥「水族館で珍に合う」

珍しい・見た目が変わっている生き物
を紹介したこの本。全部水族館で見られます…!

オススメポイントはこちら。

この本のオススメポイント
  • 知的好奇心がくすぐられる
  • 全て水族館で見られるので、水族館での楽しみが増える
  • もちろん写真付き



みなさんやっぱり、アジとかサバよりも
普段見られない変わった生物が見たいですよね。

ちょっと変わった生き物を紹介しているこの本。
知的好奇心がくすぐられること、間違いなし。

水族館プロデューサーの中村元さんが著書。
一般人にウケる生き物、わかってます。

水族館好きにオススメの本⑦「水族館の仕事」

水族館の仕事について包括的にまとめられた本。
少し難しい内容となっています。

この本のオススメポイント
  • 水族館で働くことがどういうことか分かる
  • 具体的な記載が多い
  • 専門用語が学べる

この本は、水族館の仕事について
詳しくまとめられている本です。

楽しむ本、というよりは知識を深める本
という感じで写真よりも字が多いです。

水族館で働く人たちは何をしているのか?
生物の世話をしているだけなのか?
そういった疑問が解消できます。

水族館で働くと聞くと華やかな感じがしますが
地味で細々した仕事もあることが分かります。

そういった点も理解するために
水族館で働きたいと考えている人にオススメです。

まとめ:家でも水族館を感じよう

今回は、水族館好きにオススメする本を
全部で7冊紹介しました。

他にも水族館に関する本はたくさんあるので
読み漁ってみるのもいいですね。
本でしか得られない情報もあるはずです。

ですが読んだあとは実際に行ってみてください!
新しい発見があるはずです。

参考生きた深海魚・深海生物に会える!オススメ水族館7選
参考ひとり水族館にオススメする水族館10選

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました