新潟「イヨボヤ会館」の見どころを詳しく解説

・北信越
タキ
タキ

こんにちは
自称「水族館ジャーナリスト」のタキです。

今回はひとり水族館大好きの僕が
「イヨボヤ会館の見どころ」を紹介します。

行く前にポイントを抑えておけば、より一層
イヨボヤ会館を楽しむことができるはず。

Sponsored link

「イヨボヤ会館」の基本情報

新潟県村上市にある「イヨボヤ会館」
サケに関する本州一の水族館です。

入場料金は大人600円と水族館らしい値段。
周辺の施設を楽しむ場合は大人1,000円です。

イヨボヤは新潟県村上市では「サケ」を
意味しており、イヨボヤ会館は
サケに焦点を当てた水族館です。

村上のサケの歴史を
じっくりと学んでみてください。

デートスポットとしても楽しめます。
参考水族館が動物園よりもデートにオススメな7つの理由

水族館の楽しみ方がわからない人はコチラを。
参考【大人向け】ひとりでも水族館を満喫できる9つの楽しみ方

見どころ①「自然のサケを観る」

最初の見どころは「三面川の水中観察」
川の中を泳ぐサケを観察できます。

イヨボヤ会館には人工河川が引かれており
自然に泳ぐサケを観察できます。

秋頃には産卵行動が観られ
産み付けられた卵に出会えることも。

野生生物が雄大に自然で生きる姿を
存分に楽しむことができます。

サケ以外の展示もあります。
川の小動物がたくさん。

見どころ②「サケの歴史を学ぶ」

続いての見どころは「サケの歴史を学ぶ」
村上市のサケの歴史を存分と。

イヨボヤ会館では、村上市で
サケの持続的な漁獲が可能になった
その歴史について学ぶことができます。

「歴史なんて勉強したくない」
その気持ちも分かりますが
知識は楽しみを増やしてくれます。

知識があると同じ水槽でも
見方が結構変わったりします。

せっかくなら知識を増やして
今後の水族館巡りに役立ててみてください。

見どころ③「サケを食べる」

続いての見どころは「サケを食べる」
美味しいサケをいただきましょう。

イヨボヤ会館のすぐ横には
はらこ茶屋というレストランがあります。

メニューも豊富で美味しいので
ぜひここでの食事を楽しんでください。

  • はらこ丼
  • 日本海まるごと丼
  • 鮭せいろ

ショップ・レストランの見どころ

イヨボヤ会館には「ショップ」があります。
館内にレストランはありませんが
周辺にレストランがあります。

イヨボヤ会館ショップ

イヨボヤ会館のグッズが盛りだくさん。
サケのグッズがほとんどです。

  • サケのポスター
  • オリジナルストラップ
  • 鮭の酒びたし など

思わず買いたくなるお土産がたくさんです。

お土産を買う時の注意点はこちら
参考水族館でグッズを買うときに気をつけること

気になる細かい情報たち

イヨボヤ会館に関する細かい情報を
こちらに載せておきます。使ってください。

所要時間はどのくらい?

ゆっくり回って1時間〜1時間半ほど
楽しめるぐらいの大きさです。

駐車場はある?

専用の駐車場があります。
無料で利用できます。

授乳室はある?

館内に授乳室はありません。

コインロッカーはある?

館内にコインロッカーはありません。

ベビーカーのレンタルはしている?

レンタルは行なっていないようです。
ベビーカーでの入場は可能です。

車イスのレンタルはしている?

レンタルは行なっていないようです。
車椅子での入場は可能です。

水族館を安く楽しむために…

「水族館は値段がネック」という人が
結構いるはず。

水族館巡りが好きな僕も「高いなー」
と思うことが結構あります。

そんな方のために、水族館を安く楽しむ方法を
まとめたのでぜひコチラの記事をどうぞ。
参考【水族館好き必見】水族館を安く楽しむ6つの方法

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました