就活生が年収を見る際に知っておくべき事実

企業・業界研究
タキ
タキ

こんにちは、大学院生のタキです。

今回は、「働く上で給料が大切な就活生向け」
の記事です。

ほとんどの人が四季報などで給料を見て
「ここは給料高いなー、ここは安いなー。」と
判断しているかと思います。

そんな就活生が知っておくべき事実をご紹介します。

Sponsored link

就活生が給料について知っておくべき事実

就活生が給料について
知っておくべきことは以下の通り。

  • 実際より高く見積もられている可能性
  • 実際より低く見積もられている可能性
  • 「高い初任給=高い年収」では無い

これらを理解した上で給料を見るのが大切!

実際より高く見積もられている可能性

突然ですが

スクウェア・エニックス・ホールディングスの
平均年収(2018年度)は1429万336円です。

https://clabel.me/companies/15498

ほとんどの人が「たかっ」って思いますよね。

しかしこれにはカラクリがあります。

  • 平均年齢:46.9歳
  • 従業員数:20名
  • 平均勤続年数:5.1年

従業員数少なすぎませんか?
平均年齢もちょっと高いし、勤続年数は短すぎる…。

はい、そうなんです。
これがカラクリです。

スクウェア・エニックス・ホールディングスは
様々なグループ会社を統括する会社で
いわゆる「お偉いさん」が所属する会社。

新卒で入るような会社では無いのです。

つまり年収を見る際には以下の要素が重要。
名前に「ホールディングス」とある場合は
特に要チェックです。

  • 平均年齢
  • 従業員数
  • 平均勤続年数

高い年収を見て「僕も同じ額がすぐに貰える」
とは思わないほうがいいです…。

  • 年収900万(平均年齢40歳)
  • 年収800万(平均年齢30歳)

こういった場合、後者の方が
生涯貰える給料は多い可能性があります。

逆に低い年収を見て「こんなに少ないのか」と
すぐに悲観する必要もないです。

ベンチャー企業は若い人が多い傾向にあり
その分年収も低くなりがち。

そういったところまで考えて
年収をチェックしましょう!


実際より低く見積もられている可能性

続いて

トヨタの平均年収(2018年度)は832万円です。

https://career-picks.com/average-salary/toyota-nenshu/

「思ったより安い」と思った方はいませんか?
「天下のトヨタでこれぐらいか」と。
(普通に高いですけど…笑)

実はここにもカラクリがあります。
トヨタの年収が思ったより低い理由は

「株主から文句が出ないように低く見せている」から。

株主は「社員の給料を高くする分、株主に還元しろ」
などと言うわけです。

一方でトヨタが嘘をつくわけにはいきません。

そこで多くの企業がとっている策が

「一般職や現場社員の給料を含める」という策。

同じ会社であっても
これらの職に就いている人の給料は
総合職の人よりも低くなっています。

結果的に、平均年収が
総合職の実際の年収よりも低くなります。

こういった手法は「メーカー」などの
現場労働者が多い会社で取られています。

「従業員数の多い企業は、現場労働者を含んでいる」
可能性があるので、そういった会社の実質の年収は
もっと多いと考えていいでしょう。

*総合職平均として年収が算出されている企業もある!
その辺りは要チェック!


「高い初任給=高い年収」では無い

初任給はやっぱり高い方がいいですよね。

初任給が高いのは、ベンチャー企業に多い印象です。

「初任給30万円」みたいな

ですがこれは要注意です。
(大手企業の初任給は「20万ー25万円」ぐらい)

これを鵜呑みにしてしまうと後悔してしまう可能性が…。
その理由はこちら。

  • 「初任給は高いが、その後はほとんど上がらない」
  • 「ボーナスはほとんどもらえない」
  • 「福利厚生がほとんどない」

知らずに入ってしまうと後悔してしまいますね。
しっかり情報収集をする必要があります。

特に福利厚生で年収が100万円近く変わる場合も。
参考就活生が福利厚生を意識すべき理由

ベンチャー企業やIT企業は特に人材不足です。
初任給を高くして就活生を確保しようとしています。

もともとベンチャー企業志望の人はいいですが
もっと長期的な視点を持つことも重要ですね。


もっと深い部分まで考えるなら

もっと給料について深い部分まで考えたい人は
3つの要素の割合」を知るべきです。

3つの要素はこちら

  • 基本給:年齢を重ねると上がる
  • 残業代:残業時間によって左右
  • ボーナス:個人・会社の業績に左右


これらの要素がどれぐらいの割合か、によって
給料の安定性が分かります。

・基本給の割合が多い場合
 給料の安定性は高いと言えます。
 年収も基本給も高いのが嬉しいですね。

・残業大の割合が多い場合
 社員の多くがたくさん残業しているということ。
 残業規制が進めば、給料は減ってしまうかも。

・ボーナスの割合が多い場合
 会社や業界が傾くと大幅に削られる可能性あり。
 100万円ぐらい上下する業界も…。

こういった要素も考えていくと
会社選びに間違いはなくなりそうですね。


まとめ:給料は鵜呑みにしない

まとめるとこんな感じ。

  • 実際より高く見積もられている可能性
  • 実際より低く見積もられている可能性
  • 「初任給が高い=年収が高い」では無い
  • 安定性まで分かると確実

給料に関する事実をしっかりと知った上で
企業選びをしましょう!

入ってから全然違った…となってしまっては遅いので。
情報収集は大切です!

では、また。

合わせて読みたい就活でお金を稼ぐ6つの方法
合わせて読みたい選考体験記で稼いだ僕がオススメする就活サイト

にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学院生へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました