仙台うみの杜水族館にひとりで行ってみた【料金は500円?】

ひとり水族館
タキ
タキ

こんにちは、大学院生のタキです。

今回は「ひとりでうみの杜水族館を楽しんだ話」。

ひとり水族館大好きの僕が
「うみの杜水族館」をひとりで楽しんできました!
関連記事ひとり水族館の楽しみ方【男女共通】

また、dエンジョイパスを利用したので
料金は500円。お得に楽しむことができたので
その内容も紹介したいと思います。

是非皆さんもお得に
水族館を楽しんでください!

Sponsored link

仙台うみの杜水族館にひとりで行ってみた

「うみの杜水族館」は2014年に仙台にできた
比較的新しい水族館です。

松島にあった「マリンピア松島」にいた生物たちが
この水族館で元気に生活しています。

そんな水族館にひとりで行ってきました!


仙台うみの杜水族館を500円で楽しむ方法

「うみの杜水族館」の大人の通常料金は2,200円
で割と高めな水族館です。

ですが今回は500円という値段で
楽しんできました。

その秘密は優待サービス「dエンジョイパス」です。

このサービスを利用すれば
うみの杜水族館だけでなく
「サンシャイン水族館」や「美ら海水族館」を
500円で楽しむことができます。

さらに他の人気水族館も割引料金で
入館することができます。

水族館好きなら入っておいて損は無い
サービスだと思います。

詳しくは以下の記事にまとめています。

そんなうみの杜水族館に行った感想は
次の通りです!


ひとり「うみの杜水族館」レポート

ひとり「うみの杜水族館」の感想を写真付きで
説明していきたいと思います!

よかったら実際に行ってみてくださいねー

外観はこんな感じ。
立派ですね〜。

支払いはクレジットカードで済ませていたので
受付でチケットを交換してもらいました。
何事もなくスムーズにチケットはもらえました。

販売機もあるので
「大人1枚」と言わなくても大丈夫です。
ひとり水族館好きには優しいですね。

ただdエンジョイパスを使う場合は
受付のお姉さんと話す必要があります。笑

中に入るとクリスマス仕様。
この日は11月26日なのでちょっと早い?

最初の空間もクリスマス仕様です。
一人だとちょっと寂しいですね。笑

そこを抜けると「マボヤの森」
たくさんのホヤが
吊り下げられています。。。

水の揺らぎを感じられる空間で結構好き。

僕みたいに出身が東北じゃ無い人間には
ホヤは馴染みがなく、珍しいと思います。
サメを下からみれるのも面白いです。

ここを抜けるとこの水族館のメインとも言える
「いのちきらめく うみ」
めちゃくちゃいいですね、これ。

平日でタイミングも良く独り占めですよ。

最高すぎる。
日々の疲れが全部無くなりましたね。

いやー来てよかった。
ずっと見てられますね。

とりあえず20分ぐらいいました。

続いて「親潮 冷たいうみ」

僕の好きなサギフエがいました。
一応深海魚です。可愛い。
唐揚げにすると美味いらしい。

ミズダコの水槽やクロソイの水槽を
横目に歩いていくとマダラがいました。

でかい…。

みなさんタラは切り身で見ることがほとんど
だと思いますが実はこんな顔をしています。

面白い顔ですがちょっと可愛いですね。

続いてのエリアは「彩り 海藻のうみ」
小さい水槽の中にダンゴウオが!
可愛い、癒される。目がクリクリですね。

これはコンブとアラメの水槽。
前より海藻の量が減った気がします。

もっとブワーーーって感じがいいですね。笑

シロザケが飼われていて
なんだか不思議な感じがしました。

進んでいくと「大漁 宝のうみ」
イトヒキアジが綺麗に泳いでいますが
下を見るとコバンザメ?

お前一人で何してるんだ…。

エゾイソアイナメ(ドンコ)が大量にいる水槽も
超えてここにはヨシキリザメが!
シャープでかっこいい!

ヨシキリザメの長期飼育に成功しているのは
うみの杜水族館だけです。
ということで珍しい展示です!

ヨシキリザメはフカヒレで有名なサメです。
そう言われると美味しそうに見えてきます。

続いて「内湾 恵のうみ」
ホタテが吊り下げられていました。
ここは見覚えのある魚が多いですよ。

次のエリアは「アマモ うみの揺りかご」
サンゴタツがいました。可愛い。

そしてここはにはアツモリウオ。
変な顔してんなー。

この並びの水槽にはずっとシャコがいます。
そしてその横には白いホヤやナマコが…。

なんか神秘的。

奥に進むと「干潟 育むうみ」
カニやエビの水槽があります。

そしてその横には「深海 未知のうみ」
深海魚の展示スペースが!

最近うみの杜水族館は
深海魚展示に力を入れています。

食べることにも力を入れていて
味のレポートを読むこともできますよ。

これは絶滅危惧種に関して研究している
「うみの杜ラボ」の水槽。
研究にもしっかり力を入れているようです。

ここからは一旦外に出ます。
「広瀬川 海のみなもと 山・里・川 」
淡水魚メインのスペースですね!

なんだかフレッシュな気分になれます。

よく見たらリスの展示が
パワーアップしてました。
間近でリスが見られるようです。

中に入るとエスカレーターを上ります。
すると前に現れるのはイルカのショープール!
「うみの杜スタジアム」です。

イルカ・アシカ・オウムなどのショーが観れます。

時間が合わなかったのでここはスルーして
中に入りました。

2階は世界のうみをテーマに展示が
行われています!

まずは「SceneⅠ オセアニア」
右にペンギンが正面には熱帯の美しい魚たちが。
でもちょっとこの時は水槽が濁ってました。

進んでいくとウツボがいたりホンソメワケベラがいたり。
こんな変な魚もいました…。(ボロカサゴ)

こういう変な魚は個人的に大好きです。
いつまでも見てられます。

そしてここには縦長の水槽もあります。
ですが特に有効活用はされていない様子。

下の方に魚が集まっていますが
もう少し有効活用して欲しい気もします…
写真はありません。笑

続いて「SceneⅡ ヨーロッパ」
まずはアザラシがいます!
なんか眠そう。おやすみなさい。

横にはチョウザメやヨーロピアンロブスターが!
ヨーロッパ感がすごいですね。
チョウザメはサメじゃないですよ。

続いて「SceneⅢ アフリカ」
ここを超えるとカワウソが!
思ったよりでかかったです….。笑

写真が撮れなかったのが残念。
でかいけど可愛いですよ!

アフリカの展示ということで
横には水から出ても生きられる肺魚などが出現。

でっかいクモやカエルもいました。笑

そして見えてくるのは「SceneⅣ アメリカ」
ここにはイロワケイルカがいます。

僕が大好きなイルカです。
日本で見られる水族館は2つしかありません!

「うみの杜水族館」と「鳥羽水族館」だけです!

この水槽も癒されるんですよね〜。

右側にはアリゲーターガーが!
名古屋城のお堀でみつかって
ニュースになってましたね。

奥に行くとヤドクガエルがいたり
こんなどでかい魚がいたり。

トカゲやワニにも会えますよ。
全然動かないですけど…。

続いては「SceneⅤ アジア」
左にタイマイとアカウミガメが。
ちょっと水槽が小さいかな。

チンアナゴやニシキアナゴ
テッポウウヲの展示を超えると
2階から「いのちきらめく うみ」が見られます。

ここで再度ゆったりできます。
座れる場所もあるのでここで
疲れを癒しましょう!

超えていくと「クラゲのいやし」
小さいクラゲもいるので
写真は結構難しいですが癒されます。

奥に行くと明るくなります。
そこにさかなクンからもらったという魚が!

変な顔してます。笑

奥に進むともう一度外に出ます。
ここは「海獣ひろば」
ペンギンやオタリアなどに会えます!

これで展示は終了ですね。

下に降りていくと食事・休憩スペースがあります。

実はこの奥にビーチがあり
生物と触れ合うことができます。

最後は買い物!
僕は記念にダイオウグソクムシの
スイートポテトを買ってしまいました。

時間があったのでイルカのショーを見て
水族館をゆっくりもう一周して帰りました。

日々の疲れが全て吹っ飛んだ
いい時間でした。

また行きたい。


まとめ:ひとり水族館にオススメ

「いのちきらめく うみ」はもちろんクラゲの展示もあり
癒される展示がたくさんあります。

平日に行けばかなり空いていますし
癒しの空間を独り占めできます。

総合的にひとり水族館にオススメの水族館です!

皆さんも是非ひとり水族館へ。

もちろんデートや家族連れにもオススメですよ。

水族館は結構高いですが
安く楽しむ方法をたくさん紹介しているので
是非皆さんもつかってください!

では、また。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました